LIFE STYLE
2017.12.15 Fri

体験レポート:小さなスペースの香り付けに。簡単&本格!アロマストーン

直接エッセンシャルオイルを垂らして香りを楽しむアロマストーン。素焼きの石や石膏で作られるものが多く、火や電気を使わないため、小さなお子様のいるご家庭でも安全で手軽にアロマを楽しむことができるアロマアイテムです。

 

今回のワークショップでは、バラの形の置き型とドライフラワーをあしらった壁掛け型の2種類のアロマストーンを作っていきます。

 

 

まずは、置き型アロマストーンを作っていきます。液体状の石膏をシリコンの型に入れ、固まるまで時間を置きます。

 

その間、壁掛け型のアロマストーンを作っていきます。

まずは、使いたい植物選びからスタート。お花はもちろん、ころんとした木の実など、様々な植物が用意されていますが、特におすすめしたいのが、ラベンダーと千日紅(センニチコウ)。この2つのお花、実はラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンの植物を育てている農場で採取されたものなんです。農場ですくすくと育った植物をオリジナルアイテムに出来るのは嬉しいですね。

 

 

お好みのお花を選んだら、配置するデザインを考えていきます。

 

液体化した石膏は固まりやすいため、意外とスピーディーな作業が求められます。石膏の上に植物を置いたら、あとは固まるのを待つだけです。

 

そして、出来上がりがこちら!

 

 

つるんとマットできれいに仕上がりました!ねこじゃらしのふっくら感も健在です。


玄関、クローゼットの中、トイレなど、比較的小さな空間の香り付けに最適なアロマストーンは、アロマがはじめての方にもおすすめです。お気に入りのエッセンシャルオイルを垂らして、気軽にアロマのある生活を楽しんでくださいませ。
※精油の色が濃い場合、石膏に着色する場合がありますのでご注意ください。

 


その他の体験レポートはこちら