FEATURE
2017.10.15 Sun

Q.リンス、コンディショナー、トリートメントの違いがわかりません。どう使い分けるの?

A. リンス、またはコンディショナーを基本に、 スペシャルケアとしてトリートメントを。

 

髪の表面を油分でコーティングし、シャンプー後のきしみを防いで、手触りをよくするのがリンスとコンディショナーです。
リンスは髪の水分の蒸発を押さえることができますが、あくまでコーティングの役割であって、毛髪の内部にまで成分は浸透しません。

コンディショナーは、油分でカバーするという点ではリンスと同じなのですが、より髪の表面のコンディションを整える効果が高いのが特徴です。

トリートメントにも同様の効果がありますが、リンスやコンディショナーと異なり、毛髪の内部にまで補修成分が浸透するので、髪のダメージを補修することができます。

パーマやカラーリングをしている大人の髪であれば、週に1回はトリートメントを使って、スペシャルケアをすることをおすすめします。
髪の状態はもちろん、自分のライフスタイルとあわせて楽しみながら使い分けるようにしてください。