BEAUTY
2018.04.06 Fri

【成分を知る】さくらんぼの実をぎゅっと絞った植物エキス~セイヨウミザクラ果実エキス ~

今回ご紹介する成分のふるさとは、美味しいお肉やこんにゃくでも有名な山形県。

コロンとしたキュートな見た目でおなじみのフルーツ「さくらんぼ」から取れるエキスが主役です。

 

ラ・カスタのスキャルプ クレンジング リファインにも配合されているその成分の名は「セイヨウミザクラ果実エキス」。成分名だけ見ると、さくらんぼから取れるエキスだとは思えないですよね!今日はこの成分の背景や働きについて迫ります。

 

セイヨウミザクラ果実エキスとは?

 

さくらんぼの歴史は古く、有史以来から栽培されていたといわれていますが、その原産地はトルコ周辺といいます。今ではさくらんぼの名で親しまれていますが、その形が坊主の丸い頭に似ていたことから「さくらんぼう(桜ん坊)」と呼ばれていたんだとか。

 

さて、さくらんぼが実をつける木は、大きく3種類とされていますが、日本で育てられている木のほとんどがセイヨウミザクラといいます。収穫時期は6月~7月頃の初夏で、一般的な桜の時期よりやや遅いのが特徴です。

 

さくらんぼはフルーツという印象が強いですが、日本の代表的な桜であるソメイヨシノや八重桜と同じ桜の仲間。時々観賞用のソメイヨシノにさくらんぼが実をつけることもあるようですが、苦くて美味しくないようなので食べないことをおすすめします。

 

こちらが、セイヨウミザクラの花。私たちが見慣れているピンク色ではなく白い花を咲かせます。ちなみにですが、桜はバラ科の植物なんですよ。イチゴ、リンゴ、ナシもバラ科!フルーツなのに、バラ科とは少し意外ですよね。

 

 

皮脂詰まりやターンオーバーをケア!

 

ラ・カスタの頭皮用クレンジングジェルのスキャルプ クレンジング リファインに使用されているセイヨウミザクラ果実エキス。その原料には、山形県産のサクランボ(ナポレオン)を使用しています。

 

 

この成分に含まれるAHA(リンゴ酸)が溜まった角質や脂質を除去し、皮膚をバランスのとれた環境へ整えてくれます。

 

AHAとは、アルファヒドロキシ酸の略で、フルーツ類に多く含まれていることから「フルーツ酸」とも呼ばれています。角質を柔らかくして除去しやすくし、皮膚をバランスのとれた環境へ整えてくれる成分で、肌への刺激の少ないピーリング剤として多くの化粧品に使用されています。

 

頭皮の皮脂汚れは通常のシャンプーだけでは落としきれず蓄積されてしまい、においやべたつきを引き起こす場合があります。こちらのクレンジングジェルは週に1度お使いいただくことを推奨しているため、スペシャルケアとして取り入れていただきやすい商品です。

 

「セイヨウミザクラ果実エキス」覚えていただきましたでしょうか?

ぜひ成分表の記載もチェックしてみてくださいませ。