FEATURE
2017.11.03 Fri

Q.梅雨の時期や雨が降ると、髪が広がりまとまりません。

A.広がる一番の原因は、髪の乾燥やダメージによるものです。

 

湿度が高くなると、キューティクルが剥がれた場所から水分が浸入し、広がりやすくなります。つまり、髪の乾燥やダメージが、うねりや広がりを招くのです。


毎日のケアで髪のダメージを最小限に抑えるとともに、髪専用の化粧水でしっかり髪に水分を与えましょう。

さらに、髪専用の美容液で水分を閉じ込め、髪の毛一本一本の水分と油分のバランスを整えておくことが大切です。そうすることにより、外気の水分を吸収しにくくなり、髪が広がりにくくなります。

たまに広がりを水で抑えている方がいらっしゃいますが、それは逆効果。お風呂上がりに化粧水代わりに顔に水をつける人はいませんよね?
ただの水では水分蒸発を促し、より乾燥させてしまいます。