HEALING
2018.04.22 Sun

【ガーデン花だより】開園の日を迎えました(2018.04.22)

冬季休園を終えて、昨日4月21日ガーデンは開園の日を迎えました。

夏のような暑さの中で、花々は次々に開花し、新芽はぐんぐんと展開しています。

 

今年は3月から例年にないような暖かさを何度か迎えたせいで、ガーデン内のシダレザクラとオオヤマザクラは開花が早く、満開をすぎ、もう散り始めています。その他の花木では、ハナズオウやユキヤナギなどが見頃、シャクナゲも咲いています


また、チューリップやスイセンなどの春咲き球根や色とりどりのプリムラたちが、色鮮やかにガーデン内を彩っています。また、一年草の花壇では、さまざまな種類のリナリア、カレンドゥラ、ネメシア、ワスレナグサなどが開花しています。


① 春咲き球根

園内各所で、スイセン、スノーフレーク、フリチラリア、カタクリ、キバナカタクリなどの春咲き球根が可愛らしい花を咲かせています。メドゥガーデンでは、原種チューリップ『ペパーミントスティック』が、石膏像の前で踊るように咲いています。


 

② 大花壇

大池前の大花壇では、チューリップが開花を始めました。今年、この花壇でメインとなるチューリップは以下の3種類です。チューリップの間には、ブルーのワスレナグサが入り、優しい色合いです。


シーズンガーデンでは、ハナビシソウが開花を始めました。1640株が植栽されており、ゴールデンウイーク明けに見頃を迎えるでしょう。こちらの大花壇は、赤、オレンジ、黄色のビビットカラーです。


 

③ アロマガーデン

昨年の秋、アロマガーデンに、ヒヤシンスの球根を100球、花に香りをもつチューリップ『バレリーナ』の球根50球を植え付けました。ヒヤシンスは早いものは4月上旬から開花し、辺りに甘い香りを漂わせています。

 

また、冬の間、温室で大切に育てた柑橘類(ビターオレンジ、ベルガモット、グレープフルーツなど)も、今、たくさんの白い花を咲かせ、こちらも甘く爽やかな香りです。どちらの花も香りがとても強く、今、アロマガーデンでは、そばに寄っただけで、甘い香りに包まれます。


 

ナチュラル ヒーリング ガーデンでは、お越しくださるすべてのみなさまに、ひとときの安らぎと癒しを味わいながらゆったりと園内を散策していただけるよう、事前予約制となっております。

ご来園を希望される日の開園状況をご確認後、当サイトまたは、お電話にてご予約をお願いします。

 

WEBでのご予約はこちら
http://www.alpenrose.co.jp/garden/calendar.php

 

お電話でのご予約はこちら
0261-23-3911
受付時間 9:00〜17:00
休園日(毎週水曜日)と冬期休園期間を除く