HEALING
2018.05.08 Tue

【ガーデン花だより】ハナビシソウが次々に開花(2018.05.08)

毎年多くのお客様がご来園するゴールデンウイークを無事終えて、静かなガーデンが戻ってきました。

 

本日のガーデンは、雨上がりで、苔がとてもきれいです。今年は全体的に花木が例年より1~2週間早く開花しています。トンネルの上のモッコウバラは満開で、その他のバラも蕾を膨らませるものが増えてきました。ヒドゥンガーデンでは西洋シャクナゲやボタンが大きな花を咲かせています。スズランやオダマキ、アジュガ、クレマチスなどの宿根草も次々に開花しています。

 

 

① 大花壇

明日、5月9日(水)は休園日で、大池前大花壇の植え替え作業をする予定です。開園(4月21日)の少し前から咲き始めたチューリップたちは、散るものも出始めていますが、まだきれいなものも多く、惜しまれながらの作業となります。植え替え後は、サルビア・ホルミナムやオステオスペルマムなどの花々が植えられます。

 

 

シーズンガーデンでは、ハナビシソウが次々に開花を始め、とても華やかになってきました。後方では、背の高いキンギョソウ・レモネードが爽やかな黄色い花を咲かせています。

 

 

② 宿根草

滝のそばにある小ガゼボでは、柱や梁につたうクレマチスが開花しました。小ガゼボの周りには4~5種類のクレマチスが植えられていますが、梁をつたっている白い花は、クレマチス・モンタナです。良い香りがします。

 

 

園内各所で、さまざまな宿根草が開花し、ギボウシやシダも新芽を展開させ、ガーデン内は緑と花で覆われてきました。

 

 

③ アロマガーデン

香りの植物が集められた、アロマガーデンでは、ヒヤシンスやチューリップなどの球根が終わり、代わって、葉に香りがあるゼラニウム(アップルゼラニウム、ナツメグゼラニウム、ペパーミントゼラニウムなど)や、クレベラントセージ、チョコレートデージー(バーランディエラ)などが植えられました。柑橘類の花はもうすぐ終わりますが、まだ、残った花々が、辺りに甘い香りを放っています。

 

 


 

ナチュラル ヒーリング ガーデンでは、お越しくださるすべてのみなさまに、ひとときの安らぎと癒しを味わいながらゆったりと園内を散策していただけるよう、事前予約制となっております。

ご来園を希望される日の開園状況をご確認後、当サイトまたは、お電話にてご予約をお願いします。

 

WEBでのご予約はこちら
http://www.alpenrose.co.jp/garden/calendar.php

 

お電話でのご予約はこちら
0261-23-3911
受付時間 9:00〜17:00
休園日(毎週水曜日)と冬期休園期間を除く