FEATURE
2018.06.29 Fri

Q. 40代になり、髪のうねりがひどくなりました。抑える方法はありますか?

.うねりの原因は毛髪内の水分量の減少です。

 

「大人になったらクセ毛になった」という女性が多いようです。いわゆる“うねり”と呼ばれる髪の変化。先天的な“クセ毛”とはまったく異なるもので、原因は髪の水分量の減少にあります。髪の水分は髪内部にあるコルテックスにため込まれます。

 

ストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れからコルテックスの細胞構造に偏りが生じると、本来は均一にいきわたるべき水分に偏りが発生。水分不足な部分は収縮、水分を吸った部分はふくらむという現象が発生し、髪がうねってくるのです。

 

【今日からはじめましょう】
必要なのは、水分とたんぱく質を髪内部に送り込むケアです。

 

髪のうねりを気にされる方は、原因であるコルテックスの状態を整え、水分を均一に蓄えられる状態に戻してあげることが大切。有効なのは、水分とたんぱく質をしっかり補えるダメージヘア用のインバストリートメントです。

 

こちらの髪の構造図をご覧ください。

 

髪表面のキューティクルは、根元から毛先に向かい、ウロコのように重なっています。トリートメントの成分は、開いたキューティクルの隙間から入るので、塗るときは、「毛先側からしっかり入れる」ことを意識してください。

 

そのあと、髪を少しずつとって両手ではさみ、「根元側から毛先へ軽くすべらせる」こと。ショートの方は、髪を軽く握るようにするとよいでしょう。こうすることで髪のキューティクルが閉じられ、トリートメント成分を髪内部にしっかりとどめることができます。

 

「うねったらストレートパーマ」ではなく、はじめるべきはセルフケアです。