HEALING
2018.05.29 Tue

【ガーデン花だより】バラが開花を始めました(2018.05.29)

バラが開花を始めました。例年では種類によって次々に花を咲かせるバラたちですが、今年は多くの種類が同時期に開花しています。ジギタリス、クレマチス、デルフィニウムなどの宿根草も例年より早く開花するものが多く、今、一年で一番花の多い時期を迎えています。

 

今年は梅雨入りが早くなりそうですが、木陰では雨の好きなアジサイたちも少しずつ花を咲かせ始めています。

 

今、最盛期を迎えているバラは、カフェのスパニッシュ・ビューティー、ヒドゥンガーデン入り口アーチのジャクリーヌ・デュプレ、シーズンガーデン石垣やアロマガーデンなどにあるホワイトローズのアルバ・セミプレナです。

 


ストーンアーチにかかるバラたちは、ここ数年、排水不良のせいか生育が衰えていたので、この春に足元に石を積んで、植える場所を高くする工事を行いました。その際、全てのバラを移植したので、今年はまだ全体的に樹勢がありません。しかし、バラにしては珍しいブルーの花のブルー・フォー・ユーは、美しい花をたくさん咲かせています。

 

 

大池前花壇が見頃を迎えました。水色の池の前では、パステルカラーのサルビア・ホルミナム、ビスカリア・ブルーエンジェルなどが開花し、涼し気で優しい雰囲気です。

 

 

カフェ前のシーズンガーデンでは、引き続きハナビシソウが花盛りです。ファクトリー入口付近の花壇では、一部植え替えを行い、『シロクマくん』という別名を持つサルビア・アルゲンティアや、エキナセア・パラドクサなどが新しく植え付けられました。

 

香りの植物を集めたアロマガーデンでも、バラが見頃です。今、ホワイトローズのアルバ・セミプレナが最盛期を迎えています。

 

 

香水や精油の原料となるロサ・ダマスケナも開花中です。それらの香り高いバラたちよりも、今、強く香りを放っているのは、マルバクチナシです。クチナシの花の甘い香りは、「旅路の果てまでついてくる」と歌にされているほど、強香で印象的な香りです。

 

 


ナチュラル ヒーリング ガーデンでは、お越しくださるすべてのみなさまに、ひとときの安らぎと癒しを味わいながらゆったりと園内を散策していただけるよう、事前予約制となっております。

ご来園を希望される日の開園状況をご確認後、当サイトまたは、お電話にてご予約をお願いします。

WEBでのご予約はこちら
http://www.alpenrose.co.jp/garden/calendar.php

お電話でのご予約はこちら
0261-23-3911
受付時間 9:00〜17:00
休園日(毎週水曜日)と冬期休園期間を除く