HEALING
2018.06.10 Sun

【ガーデン花だより】香り高いロサ・ダマスケナなど、引き続きバラが見頃です。(2018.06.10)

今年は6月6日に梅雨入り宣言がされ、その後、30℃を超える真夏のような日々が何日かありましたが、今日は涼しい曇り空です。バラは引き続き開花し、早咲きのものは終盤を迎えていますが、今、一番の見頃を迎えている種類も多くあります。

 

ジギタリス、デルフィニウムなどの宿根草は最盛期を迎え、早咲きのエキナセアなども咲き始めました。また、ユリ、ダリアなどの球根類、ヤマアジサイやカシワバアジサイ、シャラなどの花木も開花を始めています。

 

今、最盛期を迎えているバラは、ガーデン入り口の女神像まわりの3色の修景バラ、ゴールデンボーダー(黄)、ホワイトメディーランド(白)、マイナーフェアー(赤)です。このエリアは、昨年、大規模に排水工事と土壌改良工事を行い、今年はとても樹勢が良くなりました。シーズンガーデン裏のバラの小路では、今、10種類以上の四季咲きのバラが見頃を迎えています。

 

 

ヒドゥンガーデンの中央花壇では、ジャクリーヌ・デュプレと、ホワイトメディーランドが、元気いっぱいに開花中。

 

 

カフェ前のシーズンガーデンでは、6 月6 日の休園日から少しずつ植え替えを行っています。長い期間目を楽しませてくれたハナビシソウですが、これからはエキナセア、ルドベキア、サルビアなどの夏の花々に代わります。大池前のパステル色の大花壇は引き続き見頃です。ファクトリー入口付近の花壇では、今、アグロステンマやオルレアが美しく開花しています。

 

 

大池前花壇では、パステル色の一年草だけでなく、後方でジギタリスやデルフィニウムなども開花しています。

 

香りの植物を集めたアロマガーデンでも、引き続き、バラが開花を続けています。ロサ・ダマスケナ、ロサ・ケンティフォリア、ロサ・アルバ・セミプレナは、どれも香り高いバラたちで、うっとりとするような香りを放っています。その他の香りの植物では、今、スイートピーや、ジャーマンカモミール、ローズゼラニウムなどが開花中です。

 

 


ナチュラル ヒーリング ガーデンでは、お越しくださるすべてのみなさまに、ひとときの安らぎと癒しを味わいながらゆったりと園内を散策していただけるよう、事前予約制となっております。

ご来園を希望される日の開園状況をご確認後、当サイトまたは、お電話にてご予約をお願いします。

WEBでのご予約はこちら
http://www.alpenrose.co.jp/garden/calendar.php

お電話でのご予約はこちら
0261-23-3911
受付時間 9:00〜17:00
休園日(毎週水曜日)と冬期休園期間を除く