HEALING
2018.06.26 Tue

【ガーデン花だより】シンボルフラワー、エキナセアが咲き始めました(2018.06.26)

梅雨に入ってからも、あまり雨が降りませんでしたが、先日の休園日は久しぶりにまとまった雨が降り、雨の中、大勢で大池前大花壇の植え替えを行いました。ヒドゥンガーデンでは、白いアジサイ アナベルが咲いています。 

 

 

バラは終盤を迎えていますが、ガーデン入り口の女神像まわりなどでは、まだ、美しい花を楽しむことができます。バラに代わって、エキナセア、ユリ、ダリアなどが大輪の花を咲かせ始めています。雨に濡れ、しっとりとした木陰ではアジサイや、ホスタ、苔などの美しさを楽しむことができます。

 

エキナセアが咲き始めました

 

当ガーデンのシンボルフラワー、エキナセア。エキナセアにも種類が多くあり、今年も園内には10 種類以上のエキナセアが植えられています。こちらの黄色いエキナセアは、パラドクサという品種。

 

 

今、早咲き種のフラダンサーやパラドクサなどが見頃を迎えていますが、これからも、次々にいろいろな種類が開花してゆきます。白く繊細な花びらのエキナセアがフラダンサー(写真左)。ロックガーデン向かいやシーズンガーデンの奥で開花中。ピンク色のエキナセア・プルプレア(写真右)の見頃は7月上旬~中旬でしょう。

 

 

ミニ山野草&苔ガーデン

 

ヒドゥンガーデンの奥に小さな山野草&苔ガーデンが造られました。

先週の6 月13 日(水)、『趣味の園芸』の山野草部門を担当している、専門家の大野好弘先生が、これから出版する苔の本に掲載するために、山野草や苔、流木などを自ら運んで、素敵なミニガーデンを作成してくれました。

 

 

この小さなエリアに、山野草が約20 種類、苔は6 種類植えられています。今、ウチョウラン、四季咲きコマクサ、ヒマラヤトラノオなどが開花しています。ウチョウランは流木の間で咲いています。

 

クラリセージが大きな花穂をあげています

 

香りの植物を集めたアロマガーデンでは、クラリセージが大きな花穂を上げています。

 

 

その横では、クレマチス・ビタルバが、ナナカマドの木を覆いつくすほどの勢いでツルを伸ばし、クリーム色の香りの良い小花をたくさんつけています。春に甘い香りの花をたくさんつけた、ビターオレンジやレモンなどの柑橘は、果実が実り、少しずつ大きくなっています。

 

 


ナチュラル ヒーリング ガーデンでは、お越しくださるすべてのみなさまに、ひとときの安らぎと癒しを味わいながらゆったりと園内を散策していただけるよう、事前予約制となっております。

ご来園を希望される日の開園状況をご確認後、当サイトまたは、お電話にてご予約をお願いします。

WEBでのご予約はこちら
http://www.alpenrose.co.jp/garden/calendar.php

お電話でのご予約はこちら
0261-23-3911
受付時間 9:00〜17:00
休園日(毎週水曜日)と冬期休園期間を除く