BEAUTY
2017.05.19 Fri

【アンケート】梅雨を前向きに過ごすヒントあり!梅雨のヘアケア、どうしてる?

梅雨の時期は、髪がうねってまとまらず、せっかく髪を巻いても会社に着く頃には取れている・・・そんな経験が1度はあるのではないでしょうか?植物にとっては恵みの雨ですが、わたしたち女性にとっては少し厄介な存在。今回は、梅雨の髪悩みについてリサーチしてみました。みなさんはどんなことに悩み、どのように乗り切っているのでしょうか?梅雨を少しでも前向きに過ごせるヒントもお伝えします。

 

 

梅雨の時期、髪の毛で気になることは何ですか?

 

 

8割の方がうねりと広がりに悩んでいる!

 

やはり、多くの女性がうねりや広がりに悩んでいるようですね。わたくしも、雨の日は髪がうねってぼわっと膨張することがあります。日によっては、ぺしゃんこになる日もあるワガママヘア。困ったものですね。


ところで、なぜ雨の日にうねりやすくなるか、ご存知ですか?これは「水分」が関係しています。髪は濡れると、キューティクルが開いてしまい、そこから雨などの水分が入り込むことで、髪が膨張したり、うねりが発生してします。続いて、梅雨対策としてどんなことを行っていることを見ていきましょう。

 

 

髪の毛の梅雨対策として行っていることはありますか?

 

 

洗い流さないトリートメントでケアをする方、多数!

 

洗い流さないトリートメントで保湿ケアをしている方が最も多い結果となりました。さきほど、「髪は濡れるとキューティクルが開いてしまう」とお話しましたが、洗い流さないトリートメントはコーティング効果に優れるため、キューティクルの保護に役立ちます。タオルドライ後のドライヤー前や、おでかけ前、ミニサイズを持ち歩いてこまめにコーティングしてあげるのもよいかもしれません。また、ワックスやスプレーで固めるよりは、ヘアアレンジをしてごまかす方が多いようです。ぼさぼさの爆発ヘアより、すっきりまとめたほうが好感度がアップするかもしれません。その他、しっかりブローを行う方や、パーマやストレートパーマをかけてしまう方、ストレートアイロンでセットするという回答も見られました。

 

うるおい補給とコーティング、ヘアアレンジで楽しく梅雨を乗り切ろう!

 

雨から髪を守るためには、髪にうるおいをしっかりと補給してあげることが大切。梅雨のおまもりアイテムとして携帯して、こまめにうるおい補給とコーティングをして、うねり知らずのヘアをキープしましょう。うねりが解消されない場合は、髪をまとめたり、アレンジをするのも良さそうです。いつもダウンスタイルの方がまとめ髪をしていたら、それだけで新鮮だったりするもの。周りの男性をドキッとさせてしまうかもしれませんね。ケアとアレンジを上手に取り入れながら、前向きに梅雨を乗り切りましょう!