BEAUTY
2020.05.27 Wed

シャンプーの効率的な泡立て方を伝授!髪にもお財布にも嬉しい「モコモコ泡」の作り方

 

美容師さんにシャンプーをしてもらうときはとっても泡立つのに、自分でやるとなかなか上手くできない…そんなお悩みはありませんか?

 

さて、今日ご紹介するのは、知っているようで知らなかったシャンプーの効率的な泡立て方。モコモコ泡を作るためのちょっとしたコツを伝授いたします。

 

モコモコの泡で洗うメリットは?

 

シャンプーをたっぷり泡立てて角を作ったり、ヒゲに見立てたり「モコモコの泡」というと幼い頃の楽しい思い出が蘇ってきますよね。

 

大人をもわくわくした気持ちにさせるモコモコ泡は、見た目の楽しさだけでなく、髪や頭皮の摩擦を軽減してくれる嬉しい一面もあります。泡が少ないと髪同士が擦れてしまい、かえって髪にダメージを与えてしまうことがあるため、たっぷり泡立てることは美髪のために不可欠なのです。

 

 

シャンプーの際はここに注意!

 

泡立てるときについついシャンプーを出しすぎてしまいませんか?

 

意外と見落としがちなのが、1度で使用するシャンプーの量。というのも、シャンプーの量が多すぎると頭皮の保湿に必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥やトラブルを招く恐れがあるのです。つまり、シャンプーは適量を守った上で効率よく泡立てる必要があるということなのです。

 

 

【マメ知識】1度のシャンプーで使う「適量」の目安はどのくらい?

 

ラ・カスタのオフィシャルヘッドセラピストがおすすめするシャンプーの適量をご紹介します。こちらの量をベースに、髪質、毛量、髪の状態に応じて量を調整しましょう。


・ショートヘア:100円玉1つ分
・ミディアムヘア:500円玉1つ分
・ロングヘア:500円玉より少し多め

 

 

 

 

上手く泡立たず、無意識のうちにポンプを何度もプッシュしてしまっていた…というのは良くあること。ぜひこれからは「適量」を意識してみてくださいね。

 

 

さぁ、モコモコの泡を作りましょう!

 

見て楽しい、洗ってスッキリ、おまけにお財布にも優しい!三拍子そろったモコモコ泡の作り方を伝授します。

 

準備

 

STEP1:入浴前にヘアブラシを使って、ブラッシングをおこないましょう。あらかじめ髪のもつれやからまりを取っておくことで、泡立てやすくなります。さらに、ブラシのマッサージ効果により頭皮の皮脂や汚れが浮き上がり、汚れが落ちやすくなります。

 

 


目の細いコームタイプではなく、ヘッドスパ ブラシアラトギブラシのようなブラシタイプをチョイスして。

 

 

STEP2:シャンプー剤はすぐにつけず、しっかりと予洗いを行いましょう。髪全体をたっぷり水で濡らすだけで泡立ちに大きな差がでます。さっと全体的に髪を流してすぐにシャンプーをつける方も多くいらっしゃると思いますが、ここは少し我慢が必要です。少し長いかな?と感じるくらいしっかり予洗いをおこなって、泡立ちの妨げになるスタイリング剤や皮脂をしっかり流しておきましょう。

 

 

 

 

泡立て

 

STEP3:予洗いを終えたら、手のひらにシャンプーを出し、水分を少しずつ加えながら空気を含ませていきます。出したシャンプーをそのまま頭にのせるのではなく、手のひらで少し泡立ててからのせることで、泡立ちやすくなりますよ。

 

STEP4:頭頂部にシャンプーをのせ、大きく円を描くようになじませます。

 

 

STEP5:泡立ってきたら、両サイド、襟足、毛先にもシャンプーをのせ、全体的に泡立てていきます。このとき、空気を含ませるように意識しましょう。

 

 

 

STEP6:空気を含ませながら指の腹で頭皮を揉むように泡立てましょう。頭を全体的にマッサージするイメージです。

 

このとき、頭皮を指圧して硬さをチェックしてみましょう。指が入らないほど硬い場合は、疲れが溜まっているサイン。硬く凝り固まった頭皮からは健康な髪が生えづらいので、根気よくマッサージを続けて柔らかい頭皮を目指していきましょう!

 

 

 

ぜひ今日からお手持ちのシャンプーで試してみてくださいね♪