BEAUTY
2018.09.28 Fri

髪にも、お財布にも嬉しいモコモコ泡の作り方。シャンプーの効率的な泡立て方を伝授!

シャンプーのCMで見かけるようなモコモコとした大きな泡。作ってみたくありませんか?

 

美容師さんがシャンプーをしてくれるときはとっても泡立つのに、自分でやるとなかなか上手くできないとお悩みではありませんか?それもそのはず。シャンプーをしっかり泡立てるためにはちょっとしたコツがいるのです。今回はシャンプーを泡立てるメリットと泡立て方のコツをお伝えます。

 

モコモコの泡で洗うメリットとは?

 

見ているだけでなんだかワクワクしてくるモコモコの泡は、髪や頭皮の摩擦を軽減し、ダメージを軽減してくれる働きをしてくれます。泡が少ないと摩擦によって髪同士が擦れてしまいダメージに繋がる恐れがあるのです。

 

シャンプーの使用量についても、多ければよいという訳ではありません。量が多すぎると頭皮にとって必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥やトラブルに繋がる可能性もあります。泡立てるコツを知っていれば、シャンプーの無駄遣いを防ぐことができて経済的にも◎なのです。

 

【マメ知識】使用するシャンプーの量の目安はどのくらい?
意外と見落としがちなのが、使用するシャンプーの量。もしかすると、使いすぎているかもしれません!
ラ・カスタのオフィシャルヘッドセラピストおすすめの使用量はこちら↓

・ショートヘア:100円玉1つ分
・ミディアムヘア:500円玉1つ分
・ロングヘア:500円玉より少し多め

目安の量をベースに、髪質、毛量、髪の状態に合わせて調整することをおすすめします。

 

さぁ、モコモコの泡を作りましょう!

 

ここからは、見て楽しい、洗って嬉しい、おまけにお財布にも優しいモコモコ泡の作り方をお伝えします。

 

モコモコ泡の作り方

 

【1】入浴前にヘッドスパ ブラシアラトギブラシを使って、ブラッシングを行います。

<POINT>
予めブラッシングをしておくと、髪のもつれやからまりが取れるため、シャンプーの泡立ちがアップ!さらに、頭皮の皮脂や汚れが浮き上がることで、汚れも落ちやすくなります。目の細いコームタイプではなく、ヘッドスパ ブラシアラトギブラシのようなブラシタイプのものを選ぶと◎

 

 

【2】シャンプー剤はすぐにつけず、しっかりと予洗いを行いましょう。

 

<POINT>
モコモコ泡を作るためには、髪全体にたっぷりと水分を行き渡っている必要があるのです。少し長いかな?と感じるくらいしっかりめに予洗いをおこないましょう。

 

【3】予洗いを終えたら、手のひらにシャンプーを出し、少しずつ水分を加えながら空気を含ませていきます。

<POINT>
そのまま頭にシャンプーを乗せるのではなく、手のひらで泡立ててから乗せましょう。

 

【4】少し泡立ってきたら、まずは頭頂部にシャンプーを乗せ、大きく円を描くようになじませます。

 

【5】泡だってきたら、両サイド、襟足、毛先にもシャンプーを乗せ、全体的に泡立てていきます。

 

<POINT>
このとき、空気を含ませるように意識しましょう。

 

【6】マッサージするように、空気を含ませながら指の腹で頭皮を揉むように泡立てます。

 

<POINT>
このとき、頭皮を指圧して硬さをチェックしてみましょう。指が入らないほど硬い場合は、疲れが溜まっているサインです。

 

ぜひお手持ちのシャンプーで試してみてくださいね。

特にヘアカラー後は、カラーリングによるダメージで髪がデリケートな状態のため、いつもよりしっかりと泡立ることをおすすめします。

 

より簡単にモコモコ泡が作りたい方には、なめらかでクリーミーな泡立ちにこだわったラ・カスタのカラーヘア専用シリーズ「アロマエステ 16シリーズ 」を使っていただくのもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

お財布にも髪にも嬉しいモコモコの泡。ぜひ、今日のバスタイムにお試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

ー アロマエステ 16シリーズのUser's Voice ー