BEAUTY
2018.09.07 Fri

自宅で簡単!忙しい女性のためのセルフヘッドスパのすすめ

夏が終わり、レジャーシーズンがひと段落する秋。紫外線にさらされた髪と頭皮には、きっと疲れが溜まっているはずですよ。

 

いつものシャンプーもたっぷりと泡立て、時間をかけてマッサージするだけでも、ご自宅にいながら癒しの時間を過ごすことができます。

 

そこで、今回ご紹介したいのが、ご自分でできるフルコースのセルフヘッドスパ。お仕事や育児でお忙しい方や、ヘッドスパに行く時間が取れない方にぜひお試しいただきたい癒しのヒントをお届けします。

 

※使用しているお写真は全てイメージです。

 

【ご用意いただくと良いもの】

スキャルプ クレンジング リファイン

・シャンプー(※今回はアロマエステ ヘアソープ21を使用)
・トリートメント(※今回はアロマエステ ヘアマスク21を使用)
・目の荒いコーム


泡立ちをよくするために、準備をおこないましょう。

 

ヘッドスパでは、クリーミーできめ細やかな泡が欠かせません。たっぷりとモコモコの泡を作るためにも、まずは頭皮専用のクレンジングで泡立ちアップのための下準備をおこないましょう。

 

 

スキャルプ クレンジング リファインを頭皮につけて、プレマッサージをおこないます。ゆっくり円を描くよう強弱をつけながら、頭皮を揉むようにジェルを馴染ませていきましょう。2~3分マッサージをしたら、少し髪がきしむくらいしっかりすすぎましょう。頭皮の汚れをしっかり落とし、髪にたっぷり水分を含ませておくことも泡立ちアップのポイントです。

 

~セルフヘッドスパのすすめ~

 

準備が整ったら、いよいよ癒しのひとときのはじまりです。

ここからは、セルフヘッドスパのやり方をご紹介します。ぜひ、ヘッドセラピストになりきって、ご自分の髪と頭皮をマッサージしてまいりましょう。

 

【1】500円玉くらいの量のシャンプーを手にとり、空気を含ませながら泡立てて、髪に乗せます。髪の長さによって、量は調整してください。

 

【2】大きく円を描くように、泡立てながら頭皮をマッサージしていきます。

 

 

【3】頭皮のツボを意識しながら、さらにマッサージをしていきます。

あごを上げて、親指で①完骨②風池③天注にゆっくり圧をかけ、最後に頭頂部に向かってらせんを描くように揉み上げます。頭にはたくさんのツボが密集しているので、心地良いと感じる力で指圧しましょう。 

 

【4】しっかり水気を切り、毛先を中心にトリートメントをつけていきます。

 

<POINT>
この時、エキストラモイスト ヘアマスクのような集中トリートメントを使用すれば、より贅沢なケアへアップグレードも可能です。

 

 

【5】トリートメントをつけた髪にテンションをかけ、成分を浸透させます。

<POINT>
目の荒いコームがあると、均一にトリートメント成分を浸透させることができますよ。

 

 

【6】ホットタオルを頭に巻き、10分ほど時間を置いて蒸らします。

 

【7】ぬるつきがなくなるまで、しっかり洗い流します。

 

より深いリラックスを求めるあなたは、空間づくりにも力を入れて

 

せっかくのセルフヘッドスパですから、とことんリラックスできる空間づくりをしてみましょう。防水タイプのスピーカーをお持ちの方は、ヒーリングミュージックをかければさらにリラックス効果を高めることができますよ。

 

中でもおすすめしたいのが「香りの演出」です。リラックス効果が期待できるラベンダーのエッセンシャルオイルを使用したアロマエステ 21シリーズを使うなど、バスルームに漂うシャンプーの香りを楽しんでいただいたり、バスルームにアロマオイルを数滴垂らしたキャンドルを灯していただいたり、心地よいと感じる香りに包まれながらケアをすることで、より深くリラックスすることできますよ。

 

 

金曜日や週末に、自分のために1時間だけ確保して、ひとりでゆっくりとバスルームで癒しのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?ヘッドセラピストになった気持ちで、たっぷりご自分を癒してあげてくださいませ。

 

ー アロマエステ 21シリーズのUser's Voice ー

 

 

 

ー エキストラモイスト ヘアマスクのUser's Voice ー