BEAUTY
2018.10.03 Wed

白髪染めを繰り返す50代女性に伝えたい、カラー後にやるべき3つのケア

最初は1、2本しかなかったのに、気づくと日に日に増えていく白髪・・・。

ご自宅でセルフカラーをされたり、美容院でカラーをしたり、みなさまもきっと努力をされていらっしゃることと思います。

 

長期戦が予想される白髪との戦いにおいて、白髪染めをした後のケアはぜひ知っておきたいところ。「白髪染めの染料が落ちやすい!」、「すぐにいつものカラーに戻ってしまう!」という方は、ぜひこのコラムをご覧ください。

 

白髪染めを繰り返す髪に有効な、カラー後におすすめの3つのアフターケアををお伝えします。

 

【バリアを作るケア】外的刺激から髪を守ろう!

 

白髪染めをした直後の髪は特にダメージを受けやすい状態です。

 

キューティクルは水に濡れると開く性質があるため、カラーが定着する2週間まではカラーリング成分が流出しやすい状態。お風呂から上がったら、洗い流さないトリートメントでうるおいを与えて、キューティクルを整えましょう。

 

 

また、紫外線やドライヤーの熱やタオルによる摩擦など、日常の中に潜むちょっとしたこともカラー直後の髪にとっては大きなダメージになってしまう可能性があります。タオルドライの段階でしっかり水分を取っておきましょう。

 

タオルドライの方法についてはこちらのコラムで詳しく解説していますので、興味のある方はご覧ください。

 

【色もちを手助けするケア】お気に入りのカラーを長く楽しみましょう!

 

色落ちを避けるためには、カラー当日のシャンプーを控えたり、ぬるま湯(38℃くらい)で洗うことも有効ですが、よりしっかりケアをしていくためには、アロマエステ 16シリーズなどのカラーケアに特化したシャンプー・トリートメントをお使いいただくことをおすすめします。

 

 

一般的にカラーケアシャンプーでは、洗浄成分が優しいものを使っているものが多く、カラーを長持ちさせる手助けをする成分や、カラーで乾燥した髪と頭皮の皮脂を補う成分なども含まれます。

 

カラーの定着をサポートしてくれる効果も期待できるため、カラー後1週間だけでもカラーケアシャンプーをお使いいただくことをおすすめします。もちろん、毎日お使いいただいてもOKです。

 

【栄養を与えるケア】頭皮でも保湿重視!頭皮環境を整えましょう!

 

生えてしまった白髪のケアに加え、白髪の出にくい頭皮環境へ整えるケアをプラスするのもおすすめです。

 

頭皮のダメージが慢性化すると、頭皮が乾燥し、次第に硬くなってきます。すると、髪を作り出す細胞が衰弱し、白髪の出やすい頭皮環境に繋がる恐れがあるのです。

 

この状況を回避するためには、白髪の出やすい要注意ゾーンのケアが有効です。

 

 

特にカラー後は頭皮が乾燥しているため、頭皮に必要な栄養がギュッと詰まったスキャルプ リペア エッセンスで頭皮を保湿し、頭皮環境を整えてあげましょう。

 

ご自身の髪に合ったカラーリングとアフターケアで白髪の気にならない若々しいヘアカラーを楽しんでまいりましょう!