BEAUTY
2019.01.02 Wed

今のシャンプー、使っていて幸せですか?運命のシャンプーに出会うために大切にしたい3つのこと

みなさんは今のシャンプーを使っていて、幸せですか?

 

「なんとなく、安かったから。」

「口コミで評価が良かったから。」

「オーガニックで自然派だから。」

 

正直なところ「なんとなく良さそう」という理由で使っている方も多くいらっしゃるかと思います。毎日使うシャンプー・トリートメントですから、使うたびに幸せな気持ちなれたら良いですよね。

 

そこで今回は、ネットや周りの意見にとらわれず、自分が納得できる良いシャンプーに出会うために参考にしていただきたい3つのポイントをお伝えします。

 

ため息が出てしまうほど、良い香りですか?

 

嗅覚は、五感の中で最も原始的であり、本能的な感覚といわれています。

香りの情報はすさまじい速さで脳に伝達され、脳にダイレクトに働きかけるのです。つまり、本能的に良い香りと感じる香りには、リラックス効果が期待できるのです。

 

 

 

いくら成分が良かったとしても、好みの香りでなかったら毎日使うのはちょっぴり辛いですよね。

 

白髪や抜け毛などの髪のトラブルはストレスからくる場合もあるため、リラックスできる香りを選ぶことはとっても大切。お肌だけでなく、髪にとってもストレスは大敵なので、ぜひ香り選びにもこだわっていただくと良いでしょう。

 

口コミよりも「自分自身がどう感じるか」を大切に

 

「オーガニックシャンプーはセレブが使っているし、何だかカッコイイ!少し髪がきしきしするけど使い続けてみよう。」そんな声を耳にすることもあります。オーガニックを謳っているシャンプーの中にはナチュラルな成分を使っているがために使い心地が追いつかないということもあるようです。

 

健康に良いからといって、毎日苦手なものは食べたくありませんよね。まず大前提として、「その商品を使っていて幸せですか?」と、自分自身に問いかけてみることも大切です。

 

 

例えば、美容感度の高い方なら耳にしたことがあるであろう「界面活性剤」。界面活性剤とは水と油などの混ざりにくいものを混ざりやすくしてくれる成分で、シャンプーや化粧品にとっては欠かせない成分です。

 

ネットでは色々な情報があふれ、「ケミカルは良くない!」なんて記事も目にしますが、ケミカルならではの得意分野があるのも事実。大切なのはバランスなのではないでしょうか。

 

また、店舗などに足を運び、ショップの方の商品に対する思いや知識を聞いて「共感できる点があるか」というのも大きな判断基準となります。

 

ショップ店員の方はいわばブランドの顔。ブランドや商品のことを知り尽くしている人たちに、ブランドの世界観や大切にしていることを質問したり、コミュニケーションをとることで、ネットの情報からだけでは知りえない大きな気づきがあるはずです。

 

大きなサイズを使う前に、まずはサンプルパウチやトライアルセットで試してみるのもおすすめです。ラ・カスタでも約10日間使えるミニセットをご用意しておりますので、このようなセットがあれば、積極的に試してみることをおすすめします。

 

シャンプーのベースは半分以上が水!水へのこだわりはありますか?

 

シャンプーの半分以上を構成する「水」も見極めポイントのひとつです。

 

私たちのからだの約70%以上を占める水は、化粧品では製品のベースであり、その品質を左右するもの。つまり、美しさの鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

 

シャンプーの裏の成分表の裏を見てみてください。一番最初に「水」と書かれているのがお分かりでしょうか?

 

※写真はアロマエステ ヘアソープ&ヘアマスク35のサンプルパウチの成分表となります。

 

成分表には水とだけ書かれていますが、中には水にこだわったシャンプーを販売しているメーカーもあります。ラ・カスタでは、肌なじみがよく、からだに必要なミネラルをバランスよく含む北アルプスの天然水を使用しております。

 

ぜひ、メーカーのサイトやお店でリサーチしてみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?
口コミはとても参考になりますが、必ずしもあなたの髪に合うとは限りません。情報が溢れる現代だからこそ、自分の五感で感じることが大切なのではないでしょうか。お店に足を運んでみたり、サンプルやトライアルセットなども活用しながら、ぜひ運命のシャンプーを探してみてくださいね。