BEAUTY
2017.10.13 Fri

分かると面白い!シャンプーの成分表はここがポイント!

ドラッグストアへ行けば、シャンプーがびっしり並んでいて、何を買うか迷ってしまいますよね。そんなとき、少しでも成分表に関する理解があると、自分に合う商品かどうか見極める手助けになります。

 

この記事では、シャンプー選びをより確かなものにするための成分表の基礎知識をご紹介します。そもそもシャンプーって何でできてるの?という疑問から、界面活性剤の働きについてご紹介します。

 

意外とシンプル?シャンプーは3つの材料でできている

 

そもそもシャンプーはどんな材料で出来ているかをご存知ですか?

成分表はカタカナで埋め尽くされていますが、なんと、半分以上が「水」で構成されているのです。

 

水【60%】・・・シャンプーのベースとなる素材
界面活性剤【30%】・・・成分を混ざりやすくする手助けをする成分
その他【10%】・・・の成分を補助する成分や防腐剤、香料など

 

シャンプーのベースであり、半分以上を占める「水」に対するこだわりをリサーチするのは有効といえます。隠れたチェックポイントですので、ぜひメーカーのサイトやパンフレットで「水へのこだわり」をリサーチしてみましょう。

 

成分表は意外と簡単?最低限抑えておきたいポイント

 

一見呪文のような成分表ですが、細かい成分内容が分からなくても、ポイントを知っておくだけでOK!

ここで、実際のシャンプーを使って、配合成分がどのように書かれているのか成分表を見てみましょう!今回はラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35を例に説明します。

 

まず、1つめのポイントは、成分表が記載されている順番です。

成分表では、配合量が多い順に記載されるため、1番最初に書かれる成分の量が最も多く、1番最後に書かれる成分の量が最も少ない、ということになります。

 

もう1点押さえておきたいのが、たとえ配合したのが0.1%であっても配合されるすべての成分を記載しなければならないというルールがある点です。こちらについては、薬機法で「全成分表示」が義務付けられています。

 

画像を見てみると、1番はじめに記載されているのは「水」です。たとえ、アルプスの天然水を使っていたとしても「水」としか記載されませんので、よりこだわって商品を選びたい方はウェブサイトや店頭でリサーチしても良いかもしれませんね。

 

もう1つ注目したいのが製品名の下に書かれた<弱酸性シャンプー>の記載です。

私たちの素肌は弱酸性のため、弱酸性シャンプーはお肌への負担が少ない優しい洗浄成分を使用しています。弱酸性の他にも「アミノ酸系」という表記があるシャンプーは、お肌に必要なうるおいを残しながら洗い上げることができるので、目印にしていただくと良いでしょう。

 


続いて、黄色い枠で囲っている②の成分は、「界面活性剤」です。界面活性剤とは、水と油などの相反する成分を混ざりやすくする成分です。界面活性剤については後ほど詳しくご紹介します。

 

赤枠内の③にはたくさんの成分名が書かれていますが、全てあわせても全体の約10%ほどしか配合されていない成分となります。一般的にこれらの成分は、保湿や感触調整、毛髪地肌保護、防腐剤、香料などの役割を担っています。成分名に、植物やハーブの名前(ローズマリー葉油やティーツリー葉油、アボカド油など)が多いと、ナチュラル志向なシャンプーと判断することができます。

 

より深く成分を知りたい方は、ウェブサイトで配合目的を調べることもおすすめです。

 

▼アロマエステ 35シリーズの配合目的はこちら

http://www.lacasta.jp/shop/goods/ingredient.aspx?goods=05007

 

界面活性剤は悪者?シャンプーによく使われる3種類の界面活性剤

 

あまり良いイメージがない界面活性剤は、悪者なのでしょうか?

 

実は、界面活性剤はなくてはならない身近な存在。洗剤をはじめ、口紅やファンデーションなどの化粧品全般に使用されています。さらに、マーガリンやアイスクリームなどの食品にも使われています。界面活性剤の特徴を知り、ご自身のお好みや髪質に合わせて選んでいただくことが大切です。

 

ご参考までに、シャンプーによく使われる3種類の界面活性剤をピックアップしました。髪質や洗い上がりのお好みに合わせて、シャンプー選びの参考にしてくださいませ。

 

【1】アミノ酸系界面活性剤

<特徴>優しい洗浄力で低刺激

・ココイルグルタミン酸Na
・ココイルメチルアラニン酸Na
・ココイルサルコシン酸Na など

 

【2】高級アルコール系界面活性剤

<特徴>泡立ちが良く、洗浄力も高い
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム など

 

【3】オレフィン系界面活性剤

<特徴>泡立ちが良く、洗浄力が高いが、【2】よりマイルドに作用する

・オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na など

 

自分の髪に合い気持ち良く使えたシャンプー、もしくはトラブルが出てしまった成分をメモしておくこともおすすめです。

 

★成分表を見る際のポイントまとめ★
・成分表では、配合量が多い順に記載される
・たとえ0.1%であっても、配合されるすべての成分を記載しなければならない
・弱酸性やアミノ酸系の記載があるか
・植物やハーブの記載があるか
・弱酸性やアミノ酸系の記載があるか

 

いかがでしたでしょうか?
オシャレでかわいいパッケージは目を引きますが、これからはぜひシャンプーの裏側もチェックしてみてくださいね。