BEAUTY
2017.10.13 Fri

分かると面白い!シャンプーの成分表はここがポイント!

ドラッグストアへ行けば、シャンプーがびっしり並んでいて、何を買うか迷ってしまいますよね。そんな時、口コミやInstagramを参考にする方も多いのではないでしょうか?

 

口コミ情報はとっても参考になる反面、ある人が「このシャンプーすごくよかった!」と言っていたからといって、必ずしもその商品が自分に合うとは言い切れないですよね。そんなとき、少しでも成分表に関する理解があると、自分に合う商品かどうか見極める手助けになります。

 

この記事では、シャンプー選びをより確かなものにするための成分表の基礎知識をご紹介します。そもそもシャンプーって何でできてるの?という疑問から、知っているようで知らなかった界面活性剤の働きについてご紹介します。

 

意外とシンプル?シャンプーは3つの材料でできている

 

そもそもシャンプーはどんな材料で出来ているかをご存知ですか?

成分表はカタカナで埋め尽くされていますが、なんと、半分以上が「水」で構成されているのです。

 

水【60%】・・・シャンプーのベースの素材
界面活性剤【30%】・・・成分を混ざりやすくする手助けをする成分
その他【10%】・・・の成分を補助する成分や防腐剤、香料など

 

メーカーのサイトやパンフレットで「水へのこだわり」をリサーチするとよいかもしれませんね。

 

成分表の苦手意識をなくしましょう!

 

カタカナの呪文でビッシリと埋め尽くされた成分表に苦手意識を持たれている方が多いのではないでしょうか?細かい成分内容が分からなくても、ポイントを知っておくだけで意識は変わっていくものです。配合成分がどのように書かれているのか、実際の成分表を見てみましょう!今回はラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35を例に説明します。

 

現在、薬機法では【化粧品】は「全成分表示」が義務付けられています。たとえ配合したのが0.1%であっても配合されるすべての成分を記載しなければならないルールがあります。

 

ポイントは、成分表が記載されている順番です。1番最初に書かれる成分の量が最も多く、1番最後に書かれる成分の量が最も少ない、ということになります。

 

 

上の画像を見ていただくと、1番はじめに書かれているのは「水」。その製品に「どんな水を使っているか」ということが隠れたチェックポイントになりそうです。

※ちなみに、このシャンプーでは、日本の名水百選にも認定されるまろやかな北アルプスの天然水を使用しています!

 

しかし、成分表には「アルプスの天然水」とは表記されず、「水」と表記されます。水へのこだわりは隠れたチェックポイントですので、ぜひメーカーのサイトやパンフレットで「水へのこだわり」をリサーチしてみることをおすすめします。

 

続いて、黄色い枠で囲っている②の成分は、「界面活性剤」です。これらは、成分を混ざりやすくする成分となりますが、後ほど詳しくご紹介します。

 

赤枠内の③では、なにやらたくさんの成分がかかれていますが、これらは界面活性剤の補助する成分や防腐剤、香料に値するもの。これだけたくさん書かれていても、すべてあわせても約10%ほどしか配合されていない成分なんです。

 

ローズマリー葉油やティーツリー葉油、アボカド油など、なじみのあるハーブや植物の表記があると、ナチュラル志向なシャンプーと判断することができます。

 

界面活性剤は悪者?シャンプーによく使われる3種類の界面活性剤

 

界面活性剤に大して、あまり良いイメージを持っている方は正直あまりいないのではないでしょうか?

そもそも界面活性剤とは、異なる2つの物質を混ざりやすくする手助けをする成分で、我々に害を与えるものではありません。分かりやすいように、マヨネーズを例に挙げて説明します。

 

マヨネーズは酢と油と卵でできていますが、通常、酢と油は水と油なので混ざらずに分離してしまいます。そこに卵が加わると、クリームのような状態を保つことができます。この現象を「乳化」といい、ここでいう卵の役割を果たすのが「界面活性剤」となります。

 

化粧品では、水と油を混ざりやすくするときに界面活性剤が活躍します。それは、シャンプーだけでなく、口紅やファンデーションなどの化粧品全般で使用されています。マイナスなイメージがある界面活性剤ではありますが、気にしすぎるのもよくありません。

 

界面活性剤にもいくつかの種類がありますので、ご自身のお好みや髪質に合わせて選んでいただくのがおすすめです。

ご参考までに、シャンプーによく使われる3種類の界面活性剤をピックアップしました。ご自分の髪のタイプや洗い上がりの好みに合わせてチョイスしてみてくださいね。

 

【1】アミノ酸系界面活性剤

<特徴>優しい洗浄力で低刺激

・ココイルグルタミン酸Na
・ココイルメチルアラニン酸Na
・ココイルサルコシン酸Na など

 

【2】高級アルコール系界面活性剤

<特徴>泡立ちが良く、洗浄力も高い
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム など

 

【3】オレフィン系界面活性剤

<特徴>泡立ちが良く、洗浄力が高いが、【2】よりマイルドに作用する

・オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na など

 

オシャレでかわいいパッケージは目を引きますが、ぜひシャンプーの裏側にも注目してみてくださいね。

成分についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!