BEAUTY
2019.03.06 Wed

パサつき・ゴワつきをケア!スルスルほどける髪へ導くWオイルメソットとは?

冬に蓄積したヘアダメージは、春が来る前に何とかしたいですよね。髪のパサつきやゴワつきが気になっている方は、これからお伝えするWオイルメソッドをお試ししてはいかがでしょうか?

質感の異なるオイルタイプの洗い流さないトリートメントを使う新しいトリートメント メソッドで、春に向けて冬のダメージをしっかりケアしてまいりましょう!

 

2種類のヘアオイルを使っても大丈夫?


こちらのケアで使用するのは、ラ・カスタのベストセラーアイテムであるアロマエステ ヘアエマルジョンアロマエステ エモリエント ヘアオイル

 

「ただでさえベタつくヘアオイルを2種類も使って大丈夫なの!?」と心配になった方もいらっしゃるかもしれませんが、心配は要りません。その理由はそれぞれのヘアオイルの役割が異なる点にあります。

アロマエステ エモリエント ヘアオイルは、髪への浸透性が高いホホバ種子油をベースに作られているため、うるおいと柔軟性を与える効果が期待できます。さらっと軽いテクスチャーにも関わらずしっとり感はピカイチなので、つけた瞬間に髪へなじみ、柔らかくうるおった髪に仕上げます。

 


一方、アロマエステ ヘアエマルジョンは、コーティング効果に優れたヘアオイルです。
髪の質感をなめらかに整えるオーガニック植物成分やハーブエキスを配合しており、補ったうるおいを閉じ込めます。とろりと濃厚なテクスチャーにも関わらず使い心地はとってもライトなので、重ねづけしても気になりません。

 

 

一見重たいように思えるWオイルメソッドですが、オイルの特徴を上手に使った保湿メソッドなのです。

 

実践!Wオイルメソッドのポイント

 

Wオイルメソッドのやり方はとっても簡単です!2種類のオイルを用意したら、以下の順番で塗布していきます。

STEP1.
アロマエステ エモリエント ヘアオイル
STEP2.
アロマエステ ヘアエマルジョン

ポイント1:アロマエステ エモリエント ヘアオイルの使用量
もともと保湿力に優れた浸透率の高いオイルのため、使用量には注意が必要です。髪質や毛量に合わせて使用量を調節することをおすすめします。

太く硬い髪や、毛量の多い方、くせ毛や剛毛の方はミディアムヘアで12プッシュほどの使用量が目安です。心配な方は少ない量から徐々に使用量を増やしていくと安心です。

 

ポイント2:つけるタイミング
基本的にはお風呂上がりのタオルドライした髪にお使いいただくことを推奨しています。その日のうちに受けたダメージをケアするためにも、夜のケアはぜひ習慣にしていただきたいところ。

乾いた髪にもお使いいただけますが、使用量は夜のケアで使う量の半分ほどを目安に、少量から使っていただくのがベストです。

 

ポイント3:それでも物足りない場合は、トリートメント ヘアローションをプラス
「もっとうるおいを補いたい!」というあなたは、もう一段階水分補給の工程を増やしましょう。おすすめのケア手順はこちらです。

 

 

STEP1.アロマエステ トリートメント ヘアローション Sアロマエステ トリートメント ヘアローション T
STEP2.
アロマエステ エモリエント ヘアオイル
STEP3.
アロマエステ ヘアエマルジョン


アロマエステ トリートメント ヘアローションは例えるならば、髪のためのお化粧水です。髪の内部へタンパク質と水分を与えます。この工程を加えることで、さらに髪のうるおいを強化することが可能です。

 

パサついた髪はあなたの印象にも大きく影響します。
Wオイルメソッドを上手に取り入れて、なめらかでうるおいのある髪を目指しませんか?