BEAUTY
2017.11.04 Sat

最も紫外線ダメージを受けやすいのは、髪と頭皮だった!紫外線が与える影響と対策とは?

ドラッグストアでは、日焼け止めコーナーが目立ち始める時期。顔・からだ用の日焼け止めが主流ですが、体の部位で最も紫外線のダメージを受けやすい部分は「髪と頭皮」だということをご存知でしょうか?

 

髪や頭皮は自分で見ることができないため、どれだけ傷んでいるかを視覚的に判断するのは難しいですよね。そこで、今回は紫外線が髪に与える影響とその対策についてお話します。

 

紫外線を浴びたとき、髪の内部で起こっていること

 

髪の毛の主成分は、たんぱく質の一種であるケラチン。このケラチンは、グルタミン酸やシスチンなど、18種類のアミノ酸で構成されています。紫外線を浴びるとこのアミノ酸が酸化し、システイン酸という髪の毛にダメージを与える成分が育成されます。システイン酸が増えると、髪の毛の強度が下がり、枝毛や切れ毛が発生しやすくなります。

 

紫外線は髪の毛のメラニン色素を分解し、髪を保護するキューティクルを破壊するだけでなく、システイン酸の育成も早める作用があるといいます。このように、ダメージを受けると、髪の色素が抜けたり、うるおいがなくなってツヤが失われて、パサパサになってしまいます。

 

紫外線対策の基本は、できるだけ紫外線を浴びないこと

 

髪の毛は死滅細胞なので、一度ダメージを与えると再生できません。簡単に言うと、一度傷んだ髪は修復不可能というこということです。紫外線をできるだけ浴びないことが一番良いのですが、それではどこへも出かけられなくなってしまいます。でも、しっかりケアと予防をすれば大丈夫!

 

お出かけの際には、髪用の日焼け止めや日傘や帽子を活用しましょう。


日焼け止めを選ぶ際は、まんべんなく塗布できるスプレータイプがおすすめです。気分転換とUVケアが一度にできるフレグランススプレーなら、ひとつ持っておくと重宝しそうです。

 

帽子や日傘は常備しておきたいところ。紫外線の熱を吸収しにくい黒や茶色、カーキ、ダークグレーなどの濃い色を選ぶと良いでしょう。

 

UVカット効果が期待できるトリートメントを上手に活用!

 

髪の毛の紫外線対策にはUVカット効果のあるトリートメントを取り入れるのもおすすめです。商品によって差はありますが、クリームタイプはUVカット効果が持続しやすく、髪のコーティング効果も期待できます。また、髪をしっとりとまとまりやすく整える効果もあるため、一つ持っておくと安心です。

 

手軽に使えるので、仕事や家事で忙しい方にもピッタリです。UVカットアイテムや帽子・日傘を活用して、紫外線ダメージを最小限に抑えるよう頑張ってまいりましょう!