BEAUTY
2017.11.06 Mon

髪のうねりを解決して、雨の日を乗り切ろう!

シトシト、ジメジメ・・・
雨が降っていると、なんとなく憂鬱な気分になることはありませんか?

日本での雨に対するイメージは、どちらかというとマイナスなイメージ。

かたや、インドの人々は嵐の日でも傘をささずに雨を浴びて喜ぶほど雨が大好きだというのです。

雨を喜べたらよいのですが、ヘアセットが決まらないし、髪もうねる・・

好きになるには、ちょっと難しいかもしれません(笑)

ちょっとでも雨の日をハッピーに過ごせたら!ということで、今回は雨の日を快適に乗り切るための「うねり解決法」について考えていきます。

 

キーワードは「キューティクル」と「水分」

 

そもそも、なぜうねりは起こるのでしょうか?
それは、髪の毛の水分バランスが崩れてしまうため。

髪の毛の表面はキューティクルといううろこ状の組織が覆っています。
キューティクルは、ドライヤーの熱や紫外線、ストレスなどによりダメージを受けると、その部分に水分が入り込んでしまいます。
すると、髪の毛の中に水分で膨張した部分と、そうでない部分が発生し、髪内部がアンバランスになってしまいます。

このバランスが崩れると、うねりが発生します。うねりを抑えるには、キューティクル内部の水分と油分のバランスがカギとなります。

 

日中にできる保湿対策

 

うねりの原因となるキューティクルのダメージ。
ダメージを受けた部分から水分の浸入を防ぐためには、髪にうるおいを与え、キューティクルを補修することがポイントです。

トリートメントを使う、ブラッシングを丁寧にするなど、自宅でのケアも大事ですが、

会社やおでかけ先で「しまった!」とならないためにも、サッとケアをできるアイテムがあると便利です。

 

おすすめは、ミストタイプのトリートメント。
髪の表面を保護して水分の浸入を防ぎ、髪のうねりを防いでくれます。

ラ・カスタで取り扱っているヘアミストは髪質別に選んでいただけるので、より髪質に合ったケアをしていただけます。

夕方にうねりはじめた髪にシュッとひと吹きして、ブラッシングで仕上げるだけ!

香りにこだわっている商品だと気分転換にもなって一石二鳥です。

さらにヘアエマルジョンなど、洗い流さないトリートメントがあると、コーティング剤の役割を果たし、よりうるおいを閉じ込めることができるのでおすすめです。

 

ヘアケアはしっとりタイプ!ドライヤーのかけ方も重要

 

キューティクルは自ら再生することができませんので、日々のケアが大切になってきます。

髪にうるおいを与える「しっとりタイプ」のシャンプーやトリートメントを選ぶと良いでしょう。
シャンプーやトリートメントに加えて、週に1度ヘアマスクなどの集中ケアを取り入れると良いかもしれません。

 

ドライヤーのかけ方も重要です。
髪の毛は乾くと形状を記憶するため、乾かし方によっては翌日のセットのしやすさにも影響します。

キューティクルは温まると開き、冷やすと閉じるという性質を持っています。
髪を乾かした後は、冷風で髪をクールダウンさせましょう!

キューティクルを引き締めることで、水分の浸入を防ぎ、髪のうるおいをキープすることができます。

冷風でのクールダウンは今日からでも始められますので、ぜひ試してみてくださいね。

今回ご紹介したうねり解消テクニックで雨の日も素敵なヘアスタイルで過ごしましょう。