BEAUTY
2019.07.03 Wed

白髪が縮れる原因とは?ヘアケアで美髪にしよう

髪の悩みは色々ありますが、その中でも白髪は、一本見つけただけでもがっかりしてしまいますよね。とくに女性は髪が長いため、縮れやうねりが目立ってしまいます。白髪が縮れていて見た目が気になる、どうにかして美髪を保ちたいなら原因とケア方法を知ることが最優先です。本記事では、白髪が縮れる原因と、ヘアケアをして美しい髪を維持する方法についてご紹介します。

 

 

縮れの原因①メラニン不足

白髪が縮れる原因の一つ目はメラニン不足です。健康な黒髪は、たんぱく質、水分、CMC脂質、メラニン色素で構成されています。そこからメラニン色素が欠落すると白髪となります。

 

このように、白髪は毛髪の構造に欠陥がある状態のため、毛質が縮れて、クセ毛のようにうねり気味になるのです。

 

参照: 岐阜大学 白髪や白斑のメカニズムを解き明かす。

 

縮れの原因②染料のダメージ

 

白髪が縮れる原因の二つ目は、カラー剤など染料のダメージによるものです。白髪は水分量や栄養分が不安定で、ダメージを受けやすい状態です。

 

カラーリングや白髪染めといった、ヘアカラーを繰り返し行うことで、頭皮や髪の表面を覆っているキューティクルがダメージを受け、水分が抜けやすくツヤが少ない状態になります。そのため、髪が乾燥してパサつき、縮毛やうねり毛になる可能性があります。

 

また、カラー剤だけでなく、縮毛矯正やパーマなども同様です。赤毛や金髪といった髪色を楽しみたい方も多いと思いますが、十分なヘアケアをしたいですね。

 

 

縮れの原因③ストレス

白髪の縮れの原因の三つ目はストレスです。直接的に関係ないと思われるかも知れませんが、これが大いに影響するのです。日々の疲労や食生活、ストレスによる脳や体の緊張は、肌だけでなく頭皮や髪にも影響を与えると言われています。

 

体の緊張と弛緩に合わせて、頭皮の毛穴も狭まったり広がったりを繰り返すことで髪の形がゆがんでしまい、縮れやうねりが生じると言われています。

 

また、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れは、血流を悪くし、毛先まで十分な栄養を届けることが難しくなります。

 

こうした理由からストレスによって健康な髪を維持することができなくなってしまうのです。

 

 

縮れの原因④毛穴のゆがみ

白髪の縮れの原因の四つ目は毛穴のゆがみです。ストレスの項目でもお伝えしましたが、毛穴がゆがむことで、生えてくる毛髪もゆがみを生じます。

 

年齢を重ねると加齢によって頭皮にハリがなくなり、ゆるんできます。そのため、毛穴の中の「毛包」という髪を包んでいる部分が曲がってしまい、縮れやうねりが起こります。

 

 

縮れ髪への対策方法

日々の生活の中に、縮れやうねりの原因が潜んでいることをお伝えしてきましたが、思い当たる点はあったでしょうか。ここからは、白髪の縮毛・うねり毛への対策と予防についてご紹介します。

 

生活習慣

まずは、生活習慣を見直してみましょう。人の生活には、睡眠や食生活など欠かせないものがありますよね。

 

細胞を生まれ変わらせたり、栄養を送ったりと、睡眠や食生活は髪にとっても必要不可欠なものです。睡眠不足や偏った食生活、過度なダイエットなどは髪にも悪影響を及ぼします。

 

少しずつでも改善していきましょう。

 

ヘアケア

もう一つ、髪の日常ケアも見直してみましょう。毎日使っているシャンプーやヘアケア剤はカラーリング用、ダメージヘア用のものですか?もし違うなら、ぜひカラーリング用やダメージヘア用を試してみてください。

 

髪のダメージを補修して、縮れやうねりの原因である乾燥を防いでくれる効果があります。また、頭皮のマッサージやクレンジングを取り入れるのも効果的です。

 

頭皮を健康にすることは、髪そのものを健康にすることに繋がります。頭皮の汚れをしっかり落として清潔にし、マッサージをすることで、毛穴のゆるみやゆがみが改善される可能性があります。

 

 

特別なクリームなどを使わなくても、シャンプーする際や気が向いたときに、頭皮を軽くマッサージしてあげることで血行が促進されます。

 

また、頭皮を引き上げる意味では、生え際から頭頂部にかけて髪をとかす「逆さブラッシング」も効果的です。取り入れやすいものからチャレンジしてみてください。

 

 

まとめ

・白髪の縮れやうねりの主な原因はダメージ、ストレス、生活習慣にあり!

 

・生活習慣を見直して、縮れやうねりの対策と予防をしましょう。

 

・毎日のヘアケアに+αで健康な髪へ。

 

元々の髪質や加齢もありますが、白髪の縮れ・うねりには、生活改善やヘアケアをして頭皮や髪へのダメージをできるだけ減らすことが大切ですね。早速今日から生活習慣を見直して、美髪を目指しましょう!

 

 

▼こちらの記事もおすすめです。 【アンケート】白髪?抜け毛?最近気になる頭皮と髪のお悩みとは? シャンプーの時間はどのくらい?3段階にわけて〇分が理想