BEAUTY
2019.06.26 Wed

シャンプーの使用期限ってあるの?開封前に確認したいポイント

皆さんはシャンプーの使用期限について考えたことはあるでしょうか。食品とは違い、気にしながら使っている方は少ないかもしれませんが、含まれる成分によっては使用期限が短く、早めに消費した方が良いものもあるようです。今回は、シャンプーの使用期限について、正しい使用方法と注意点とあわせてご紹介します。

 

 

開封前:使用期限はある?

 

 

まずはじめに、シャンプーに使用期限があるのかという疑問ですが、結論から言うと、シャンプーにも使用期限は「ある」んです。

 

化粧品・ボディケア商品などと同じく、ヘアケア商品など直接体につけるものは、基本的に使用期限があると考えておきましょう。

 

シャンプーの場合、特に天然素材のものや天然由来の成分が配合されているタイプの商品は、一般的なシャンプーと比べて使用期限が短めに設定されていることが多いようです。

 

セールになっていると、ついまとめ買いしがちですが、使用期間を考えて購入したほうが良さそうですね。

 

一般のシャンプーの使用期限ですが、薬機法(薬事法)により「正しい保存方法において、製造後3年以上品質が安定しているものであれば、使用期限の表記は不要」と定められています。

 

このことから、パッケージに記載がない場合は3年もつと考えて良いでしょう。まとめ買いした場合は、直射日光が当たらず、高温多湿にならない場所に保管しておきましょう。ちなみに、この使用期限は「未開封の状態」での期限ですので、お間違えなく!

 

 

開封後

 

 

では、開封後はどの程度品質が保たれるのか、気になりますよね。シャンプーも食品と同じく、開封した時点で劣化が進みます。開封後は速やかに使い切るようにしましょう。

 

また、保管場所がバスルームになるため、湿度により劣化が進む恐れもあります。バスルームの換気や使ったあとの保管方法にも注意して、できるだけ容器内に水分が入らないように気をつけておくといいですね。

 

もし、一人暮らしなどで使い切るまでに時間がかかりそうな場合は、バスルームから持ち出して保管しておくのも一つの方法です。使用期限内のシャンプーでも、中身が分離している、臭いに変化があるなど、異変に気づいたらすぐに使用を中止しましょう。

 

容器の中で雑菌が繁殖している可能性があります。そのまま使用すると頭皮にかゆみ、湿疹が出るなどの皮膚トラブルに繋がります。

 

 

品質に影響あり!詰め替え時

 

最後に、詰め替え時の注意点について解説しておきます。最近では環境面・コスト面から、市販されているほとんどのシャンプーに詰め替え用が設定されています。ところで、シャンプーの正しい詰め替え方法はご存知でしょうか。

 

容器の中身が少なくなってきたら、上から継ぎ足したりしていませんか?中身を継ぎ足して使用する方法は、品質的にも衛生的にもあまり良いとは言えません。詰め替え時は、容器の中身をキレイに使い切り、しっかり中を洗浄します。

 

そして、よく乾かしてから、新しい中身を詰め替える方法がおすすめです。清潔なボトルであれば、品質の劣化を緩やかにすることができます。

 

品質の劣化を引き起こす大きな要因は水分です。水分が入ることで雑菌の繁殖が活発になります。継ぎ足して使った方が簡単ですし、いちいち容器を洗って乾かすのは面倒かもしれませんが、シャンプーは毎日使うもの。

 

頭皮と髪を清潔に保つためにも、できるだけ高い品質を維持しながら使用していきたいですね。

 

 

まとめ

 

・シャンプーには使用期限があります!

 

・使用期限は未開封の場合のもの!開封後は早めに使い切りましょう。

 

・詰め替え時のポイントを押さえて品質を保ちましょう。

 

シャンプーに限らず、ヘアコンディショナーやトリートメント、ヘアパックにも使用期限があるものもあります。商品の成分にも注目して、ライン使いしている人はあわせてチェックしておくと安心ですね。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです。 シャンプーの時間はどのくらい?3段階にわけて〇分が理想 シャンプーの適量ってどのくらい?適量を守るメリットとは? シャンプーの効率的な泡立て方を伝授!髪にもお財布にも嬉しい「モコモコ泡」の作り方