BEAUTY
2019.07.31 Wed

シャンプーが自分に合わない?その理由と正しい選び方をご紹介!

世の中にはさまざまな種類のシャンプーがありますが、「このシャンプーは私には合わなかった」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか?合わないシャンプーは、髪や肌のトラブルの原因になってしまうので、自分に合ったシャンプーを見つけたいですよね。

 

そこで今回は、シャンプーが合わないとはどういうことか、そのまま使っていくとどうなるのか、正しいシャンプーの使い方をご紹介していきます。

 

 

そもそもシャンプーが合わないとは

シャンプーの「合わない」とは、頭皮や髪への刺激が強すぎて、何らかのトラブルが起きている状態のことを指します。頭皮や髪の状態、髪質や肌質などは人それぞれ異なるので、シャンプーの合う・合わないも人それぞれです。

 

ただし、中には間違った洗い方をしているせいで頭皮や髪にトラブルが起こっていることも考えられるので、必ずしもシャンプーを変えればすべてのトラブルが解決するとは限りません。まずは洗い方を改善してみて、それでもトラブルが続くようならシャンプーを変えることを検討してみましょう。

洗い方に関しては、こちらの記事をご確認ください。

泡立ちの決め手は予洗いにあり?約8割の汚れが落ちる予洗いのコツを伝授

 

 

合わないシャンプーを使うとどうなる?

シャンプーとお花

 

では、合わないシャンプーを使い続けるとどういったトラブルが起きてしまうのでしょうか。3つのトラブルについて詳しく見ていきましょう。

 

 

髪が跳ねやすくなる/乾燥する

 

髪が跳ねやすくなったり、乾燥してゴワゴワしてしまったりする場合、髪の内部の水分不足が原因だと考えられます。パーマやヘアカラーなどで髪にダメージを与えると髪の水分が失われてしまいますが、同じように洗浄力や脱脂力が強いシャンプーを使うと、髪の水分が失われてしまい、髪が広がったりうねったりしてしまうのです。

 

このような場合は、保湿力が高く髪にうるおいを与えてくれるようなシャンプーを使うと良いでしょう。

 

 

抜け毛

 

シャンプーが合っていない場合の抜け毛は、頭皮の状態が悪く、髪に栄養が行き渡らない状態と考えられます。頭皮の皮脂や老廃物が多く、毛穴にこれらが詰まって頭皮環境が悪くなり、抜け毛につながってしまうのです。

 

このような場合は、使っているシャンプーの脱脂力が弱いことが考えられます。洗浄力や脱脂力が少し高めのシャンプーに変えてみると良いでしょう。育毛シャンプーは洗浄力が弱いことも多く、お肌がベタベタしやすい人には逆効果になってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

 

フケ・かゆみ

 

フケやかゆみは、頭皮の乾燥によって起こっていると考えられます。特に、合わないシャンプーによってフケが発生している場合は、洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで洗い流されすぎてしまい、必要な角質まで剥がれ落ちてしまうのです。洗浄力の弱めなシャンプーに変えてみると良いでしょう。

頭皮の皮脂が多い場合にもフケが多くなることがありますが、その場合はシャンプー後に頭皮や髪がベタつくかどうかで見分けられます。

 

 

髪質に合ったシャンプーの選ぶポイント

シャンプーをしている女の人

 

このようなトラブルを防ぐために、髪質や頭皮によってどのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか。具体的なシャンプーの種類とともに見ていきましょう。

 

 

シャンプーは大きく3種類に分かれる

 

シャンプーは、大きく分けると3種類あります。それぞれのメリット・デメリット、合う髪質と合わない髪質についてご紹介しましょう。

 

 

■アルコール系・石油系シャンプー

メリット:洗浄力が高く価格も手ごろで、抜群の泡立ち

デメリット:その洗浄力の高さから、必要な皮脂まで洗い流してしまいがち

 

アルコール系・石油系のシャンプーは、市販シャンプーの大部分を占めます。広く普及していることから価格が手頃で買いやすく、泡立ちが良いのが大きなメリットです。

 

その洗浄力から頭皮や髪がベタつきやすい人にはおすすめですが、アルコールは髪のタンパク質を硬くしてしまうといわれているため、髪質が硬い人にはあまり向いていません。

 

 

■石鹸系シャンプー

メリット:3種類の中間のような位置。ある程度洗浄力も高く、肌に優しい

デメリット:コーティング剤がはいっていないため、ゴワゴワした仕上がりになりやすい。

 

石鹸系シャンプーは、天然成分で肌に優しく低刺激という特徴があるので、頭皮がベタつきやすいけれどアルコール系は合わない、という人におすすめです。くせ毛の人は、ゴワゴワ感が出やすいので、石鹸系は避けた方がいいかもしれません。

 

 

■アミノ酸系シャンプー

メリット:3種類の中でもっとも肌や髪に優しく、低刺激

デメリット:販売価格が高いものが多く、他2種類と比べると洗浄力が弱い

 

アミノ酸系シャンプーは、髪の毛と同じ成分で保湿力が抜群なほか、低刺激で肌に優しいので、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。髪質が太くて硬い人、髪の毛の量が少なくて細い人にも使えます。その反面、洗浄力が弱いため丁寧にじっくりと洗い、汚れが心配な日は2度洗いすると良いでしょう。

 

 

自分でわからないときは美容師さんに相談しよう

 

今のシャンプーが合っているかどうかわからないときは、いつも通っている美容室で聞いてみると良いでしょう。今のシャンプーが合っているかどうか、合わない場合はどのシャンプーを使うと良いのか教えてもらえるはずです。その場合、普段使っているシャンプーが3種類のどのタイプなのかしっかり調べてから行くと良いですね。

 

 

まとめ

髪の毛は、見た目に大きく関わってくるので、いつも気を使っておきたいポイントですよね。シャンプーに悩んでいる方は、まずは洗い方を変えてみて、改善されないようであれば、種類を変えたり美容師さんに相談したりしてみましょう。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです。 今のシャンプー、使っていて幸せですか?運命のシャンプーに出会うために大切にしたい3つのこと 分かると面白い!シャンプーの成分表はここがポイント!