BEAUTY
2017.11.15 Wed

<頭皮のニオイが気になる40代へ>清潔な頭皮のための3箇条とおすすめケア

年齢を重ねるにつれ、ニオイが気になることが増えていませんか?ニオイ問題を即解決することは難しく、地道に解決していく必要があります。そこで今回は、頭皮のニオイ対策で気をつけたいポイントとおすすめケアをご紹介します。

 

毎日の積み重ねが大切!清潔な頭皮のための3箇条

 

毎日のちょっとした習慣を見直すことがニオイケアの第一歩です。まずは、3つの基本をチェックしていきましょう。

 

【その1】その日の汚れは、その日のうちに。しっかり落としましょう!

 

頭皮は乾燥するとうるおいを皮脂で補おうとするため、洗いすぎたり、落としすぎてしまうと、皮脂過多になってしまう場合があります。優しい洗浄成分を使用したシャンプーを使ったり、1日の洗髪回数を見直していただくとよいでしょう。

シャンプー前のブラッシングは頭皮の汚れを浮かせることができ、マッサージ効果も期待できますので、ぜひお試し下さい。

 

【その2】生乾きはNG!しっかり乾かしましょう!

 

疲れた日はしっかり髪を乾かさずに眠ってしまいたくなりますが、これはあまりおすすめできません。
水分が残った状態の頭皮は雑菌が繁殖しやすく、フケやかゆみの原因になる可能性があります。ひどい場合は頭皮が炎症を起こしてしまうこともあるため、疲れていても頑張って乾かしましょう。

 

ひとつ気をつけていただきたいのが、長時間のドライヤーです。ドライヤーの熱は頭皮の負担になってしまうため、タオルドライの段階でしっかり水分を取り、ドライヤーの時間を最小限に抑えましょう。

 

タオルドライのテクニックに興味のある方はこちらの記事もおすすめです↓

Q.シャンプー後の髪の正しい拭き方はありますか?

 

【その3】すすぎ残しはありませんか?しっかり洗い流しましょう!

 

頭皮チェックの現場でよく聞かれるのが、「シャンプーの洗い残しがある方が意外と多くいらっしゃる」という声です。

 

すすぎ残したシャンプーは、頭皮の毛穴が詰まる恐れがあり、ベタつきやかゆみの原因にもなりかねません。自分ではしっかり洗い流したつもりでも、実際はすすぎが足りないことが多いそう。

 

特に「こめかみ周辺」はすすぎ残しが多い部分といわれていますので、すすぎは十分すぎるほど念入りに行うことをおすすめします。

 

「落とすケア」と「補うケア」を取り入れて

 

毛穴から出る皮脂は酸化すると、嫌なニオイを放つだけでなく、毛穴をふさいでしまうことがあります。すると、髪に栄養が十分にいきわたらず、健康な髪が生えないどころか、抜け毛を誘発する恐れがあります。

 

「しっかりシャンプーしているから、私は大丈夫!」と思われる方がほとんどかもしれませんが、シャンプーで落としきれない汚れが存在し、日々蓄積されているのは事実です。

 

そこで、まずおすすめしたいのが週に1度の頭皮での集中クレンジングです。スーッと清涼感のあるジェルでマッサージをしながら、頭皮の汚れを浮かせて落とします。「週に1度」という手軽さから、スキャルプケア初心者の方にもおすすめな商品です。頭皮につけるとスーッと風が通るような心地良さがあるため、べたつきが気になる夏場にもおすすめ。男性でも心地よくお使いいただけますよ。

 

 

落とすケアに加えて、補うケアもプラスしていただくと、より効果が期待できます。お風呂上りに頭皮用ローションでうるおい補給をして、頭皮へ栄養を届けてあげましょう。頭皮にもしっかりうるおいを届けるスキンケア発想で、ツヤのある髪を育む手助けをしてくれます。白髪・髪やせ・抜け毛にお悩みの方にも有効です。

 

 

頭皮のニオイをはじめ、頭皮トラブルは自分は気づきいものばかりです。「その日の汚れはしっかり落とし、髪はしっかり乾かす。」まずは、この2つのことから試してみてくださいね。思ったより簡単ではないですか?基本を抑えて、前向きに楽しくヘアケアを楽しんでまいりましょう!