BEAUTY
2019.09.25 Wed

シャンプーが原因で乾燥肌になるって本当!?選び方に気をつけよう!

 

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみなどさまざまな頭皮トラブルにつながってしまいます。もし、もともと乾燥肌ではないのに頭皮トラブルが多いなら、シャンプーが原因で頭皮環境が悪化し、頭皮が乾燥肌になっているのかもしれません。

 

今回は、乾燥肌による頭皮トラブルと、乾燥肌にならないためのシャンプーの選び方をご紹介します。

 

 

乾燥肌はシャンプーが原因の可能性がある!

シャンプーが頭皮の乾燥の原因として、シャンプーの洗浄力が強すぎることが考えられます。頭皮に必要な皮脂まで落としてしまったり、刺激を与えすぎたりすると、頭皮をカサカサの乾燥肌にしてしまうのです。

 

また、1日に何度もシャンプーをする、爪を立ててガリガリと頭皮をこするように洗う、などでも乾燥肌になりやすいです。こうした洗い方をしている場合は、1日1回にする、爪を立てずに優しく洗うなどを心がけましょう。

 

 

乾燥肌が原因で起こる3つの頭皮トラブルって?

 

 

頭皮が乾燥すると、主に以下の3つのトラブルが発生します。

 

 

■その1:フケ

 

フケは、剥がれ落ちた頭皮の一部です。頭皮が乾燥すると、古くなった細胞をはがれ落とし、皮膚のターンオーバーが乱れてしまいます。正常にターンオーバーが行われなければ、古い角質が溜まっていき、やがてフケとなってしまうのです。そのため、空気が乾燥しやすい冬や、紫外線やエアコンで肌が乾燥しやすい季節に、フケが増えやすい傾向があります。

 

ただし、フケの中でも大きいフケ、湿ったフケ、白いかさぶたのように見えるフケがある場合は、少し注意が必要です。これらのフケは皮膚病の症状のひとつかもしれないので、シャンプーや生活習慣に気をつけても解決しない場合は、早めに皮膚科で相談しましょう。

 

 

■その2:かゆみ・炎症

 

お肌が乾燥して水分が不足すると、肌が本来持っているバリア機能が低下し、紫外線やシャンプーの刺激などに弱くなってしまいます。すると、頭皮がこれらの刺激を感じたとき、かゆみが出たり、炎症を起こしたりしやすくなってしまうのです。

 

 

■その3:髪への悪影響

 

お肌が乾燥し、頭皮環境が悪化すると、髪に十分な栄養が送られなくなります。髪の毛が栄養不足になれば、髪のツヤやハリ・コシがなくなり、抜け毛が増えることも。頭皮環境の悪化は、髪の毛にも大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

乾燥肌対策に!おすすめシャンプーの選び方

頭皮の乾燥を防ぐために、乾燥肌の人におすすめのシャンプーの選び方をご紹介します。今までどんなシャンプーを選べばいいかわからなかったという人や、シャンプーにあまり気を使っていなかったという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■アミノ酸系洗浄成分が含まれたものを選ぼう

 

最初にご紹介したように、洗浄力が強すぎると、頭皮のうるおいを保つのに必要な皮脂まで落としてしまうため、頭皮の保水力が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。そこで、優しい洗浄力の「アミノ酸系洗浄成分」が含まれたシャンプーがおすすめです。

 

そもそも、シャンプーの洗浄成分は、以下の3つの種類があります。

 

・アミノ酸系…低刺激で髪のタンパク質を守る

・石鹸系…中程度の刺激、洗浄力は高い

・アルコール系…刺激も洗浄力も高い

 

一般的に市販されているシャンプーは、すっきりとした洗い上がりを重視するため、洗浄力の高いアルコール系を含んでいるものが多いです。しかし、アルコール系のシャンプーは刺激も強く、乾燥肌になりやすい人にとってはデメリットの方が多くなってしまいます。そのため、低刺激な「アミノ酸系洗浄成分」が入ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

「アミノ酸系洗浄成分」とは、例えば以下のようなものです。成分表示を見るときの参考にしてみてください。

例:「ココアンホ〜」「ココイル〜」「ラウロイル〜」など

 

 

■保湿成分が含まれたシャンプーを選ぼう

 

そもそも頭皮に限らず、お肌が乾燥するのは、保湿力が低下して水分が失われるためです。そこで、汚れを落としながらもお肌に潤いを与えられるよう、保湿成分が配合されたシャンプーを使うのも良いでしょう。

 

「保湿成分」とは、主に以下のようなものです。

例:アルギニン・BG・グリセリン・グリシン・コメヌカエキス・ホホバオイルなど

 

▼おすすめのシャンプーはこちら

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35

 

 

■刺激成分のシャンプーは避けよう

 

頭皮は、刺激によって傷つけられると肌荒れを引き起こし、乾燥しやすくなってしまいます。特に水分が不足し、バリア機能が低下した乾燥肌は、シャンプーに含まれる成分で刺激を感じやすいのです。そのため、刺激成分の入っているシャンプーは避けておくのがよいでしょう。

 

「刺激成分」とは、以下のようなものです。

例:ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・ベンジルアルコール・イソプロパノールなど

 

もし、成分表示を忘れてしまうなどして、どれにしようか迷った場合は、「子どもや赤ちゃんでも使える」とうたっているものを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんの成長の妨げにならないよう、できるだけ余分な成分を入れないようにしているので、肌が弱い人でも安心して使えます。

 

 

まとめ

 

 

乾燥肌の人は、頭皮にもなにかとトラブルが起こりやすいもので、フケやかゆみのほか、髪に悪影響を及ぼすこともあります。そこで、洗浄力が優しく、保湿成分が含まれた、刺激成分が少ないシャンプーを選ぶようにしましょう!