BEAUTY
2019.11.13 Wed

抜け毛の原因とは?シャンプーや洗い方を見直して抜け毛予防しよう!

 

シャンプーのとき、ブラッシングのとき、朝のヘアスタイリングのときなど、髪が抜けるのが気になる人も多いでしょう。もちろん、人間の細胞は日々入れ替わっているので、ある程度の髪が抜けるのは仕方のないことですが、多すぎる抜け毛には注意が必要です。

 

そこで、今回は抜け毛の原因と、予防のためにできる対策についてご紹介します。

 

 

抜け毛の原因は3つ

細胞の入れ替わりによる「自然脱毛」という、いわゆる正常な抜け毛は1日100本程度あるとされています。抜けてしまった毛の根元に毛根がついていて、毛が太くて丈夫な場合、それは自然脱毛と考えて良いでしょう。ただし、一度のシャンプーで抜けた毛が排水口に溜まり、詰まってしまうのであれば、抜けすぎかもしれません。このような「異常脱毛」の原因としては、主に以下の3つが考えられます。

 

 

■栄養不足

 

髪の毛も細胞の一部ですから、食べた物で作られています。とくに、髪の毛は筋肉や爪と同じ成分でできているので、良質なタンパク質を摂取しましょう。全体的な食事の栄養バランスも見直してみるのがおすすめです。

 

 

■頭皮環境の悪化

 

頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されていたりというように頭皮環境が悪くなった状態では、正常な毛髪のサイクルが保たれず、髪が成長途中で抜け落ちてしまうことがあります。また、毛穴に老廃物が溜まっていたり、紫外線に当たる時間が長かったりすることでも頭皮環境は悪くなってしまいます。

 

 

■ホルモンバランスの乱れ

 

髪が細くなってしまう「細毛」と呼ばれる現象も、抜け毛の原因になるかもしれません。細毛化はホルモンバランスが崩れることで起こります。ホルモンバランスは、ストレスや加齢などによって崩れやすくなるため、睡眠時間をしっかり確保したり、適度な運動でリフレッシュしたりと、ストレスを解消するとともに、若々しい健康習慣を保ちましょう。

 

 

髪の抜け毛には頭皮ケアと生活習慣が重要

 

 

抜け毛対策には頭皮ケアと生活習慣の見直しや頭皮ケアが重要です。詳しくみていきましょう。

 

 

■頭皮ケア

 

頭皮環境を正常に保つためには、頭皮の過剰な皮脂をしっかり洗い流すこと、頭皮の血流を良くすることが大切です。そのため、毎日のシャンプーのときは頭皮を洗うことを意識するとともに、指の腹で頭皮をマッサージすることを意識しましょう。頭皮マッサージを行うことで血行が良くなり、毛根に栄養が行き渡るとともに心地よいリラックス感も得られます。

 

新陳代謝による正常な脱毛を「自然脱毛」と言いますが、これ以外の「異常脱毛」の多くは、頭皮ケアで改善できるとされています。ただし、「異常脱毛」の中でも、産後脱毛症と過剰なダイエットによる脱毛症に関しては頭皮ケアで改善できないため、この2つに心当たりがある場合は専門医にかかりましょう。

 

※異常脱毛=男性型脱毛症(AGA)・産後脱毛症・脂漏性脱毛症・ダイエットによる脱毛症・粃糠性脱毛症・びまん性脱毛症など

 

 

■生活習慣

 

栄養不足やホルモンバランスの乱れを避けるためには、脂っこい食事を避け、良質なタンパク質を意識的に摂取しつつ、バランスの良い食生活を心がけることが重要です。また、基本的な生活リズムを整え、睡眠不足を避けましょう。睡眠不足になると、成長ホルモンが十分に分泌されず、髪の毛の成長も不十分になり、髪が弱くなったり成長が止まったりしてしまいます。

 

 

シャンプーや洗い方で頭皮ケア

 

 

頭皮環境は、シャンプーや洗い方でケアすることもできます。その方法についてご紹介します。

 

 

■シャンプーは頭皮にやさしいものを

 

シャンプーは余分な皮脂を落とすものですが、必要な分の皮脂まで落としてしまうとうるおいもなくなってしまいます。そのため、洗浄成分が強すぎないシャンプーを選びましょう。例えば、アミノ酸系の洗浄成分や頭皮と同じ弱酸性のシャンプーを使うと刺激が少なくやさしく洗えます。

 

 

■自分の性別に合ったものを選ぶ

 

シャンプーには男性用と女性用があり、男性用は「余分な皮脂までしっかり洗い流せるよう、洗浄力が高くなっている」、女性用は「頭皮に栄養を与える成分が高い」と、それぞれ特徴があります。これは、男性ホルモンと女性ホルモンの働きなど、それぞれの肌の特徴に沿ったものなのです。そのため、自分の性別に合ったシャンプーを使いましょう。

 

 

■シャンプーによる頭皮トラブルを防ぐ

 

また、そもそもシャンプーが合っていないと、頭皮トラブルや抜け毛につながってしまうこともあります。そのため、自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

 

■シャンプー・ドライヤーのやり方とポイント

 

最後に、シャンプーとドライヤーをするときのポイントをご紹介します。それぞれ、以下のポイントに気をつけてシャンプーやドライヤーを行いましょう。

 

○シャンプー

 

  • シャンプー前①:ブラッシングで毛穴の汚れを浮きやすくして、髪のもつれをとかす。マッサージで血行促進の効果アリ
  • シャンプー前②:皮脂汚れやスタイリング剤をお湯で流す「予洗い」を1〜1.5分くらい行う。シャンプーの泡立ちを良くするために大事なポイント。
  • シャンプー:直接頭皮につけず、手のひらで泡立てたあと、頭皮を指の腹で揉むようにする
  • すすぎ:洗っている時間の2倍をかけ、しっかりすすぎ落とす
  • コンディショナー:髪の毛先につける感覚で、頭皮にはつけない

 

 

○ドライヤー

  • タオルドライは、髪をこすりあわせないように行う
  • 髪の根元から乾かしていき、乾かしすぎないよう注意する
  • お風呂から出たらすぐ乾かし、自然乾燥は避ける

 

洗い方については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

シャンプーの正しい洗い方とは?基本の流れとポイントをご紹介

 

 

まとめ

抜け毛の原因は、主に頭皮環境の悪化と生活習慣によると考えられます。栄養バランスや睡眠、適度な運動などの良い生活習慣を作るとともに、シャンプーの成分や洗い方の面からも頭皮環境を改善していきましょう。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです。 シャンプーの正しい洗い方とは?基本の流れとポイントをご紹介 シャンプーが自分に合わない?その理由と正しい選び方をご紹介!