HEALING
2017.11.20 Mon

気分すっきり。しゃきっとしたい時のためのアロマフレグランスオイル。

エアコンで頭がボーッとしてしまう時には

 

「外は寒いのに、家や会社では暖房の暖かさでなんとなく頭がボーっとしてしまう」、こういう経験はありませんか?

「明日までに作らなくてはいけない資料があるのに」「今日中に終わらせたいのに集中できない」。

そんな時は、すっきりとしたアロマの香りで集中力をアップさせましょう。

周囲に人がいてアロマを焚けない時や、強い香りは周りの人に迷惑ではと気にされる方などは、アロマフレグランスオイルを活用すれば、ご自分だけでアロマを楽しむことが出来ます。

すっきりした香りは暑い夏に合うものと思われる方も多いですが、暖房が聞いた屋内にいる時間が長い方にとっては、冬のすっきりアロマが重宝しますよ。

 

かんたんアロマ生活Step12:すっきり系のアロマフレグランスオイル

 

材料

①ロールオンタイプのガラスボトル: 10ml程度のサイズのもの

②ホホバオイル:10ml

③お好みのエッセンシャルオイル:10滴~20

 

おすすめブレンド

ローズマリー:ペパーミント=4:1

ローズマリーの爽やかなハーブ調の香りは、気分を高めて明るく前向きにさせてくれます。

また、ペパーミントの鼻を通る香りはリフレッシュにぴったり。ペパーミントの割合を多くしすぎると、お肌にのせた時にスーッとします。

ご自身でブレンドの割合を工夫する場合も、ペパーミントは少なめにしていただくのがおすすめです。

 

楽しみ方

ガラスボトルにホホバオイルを入れ、その中にエッセンシャルオイルを加えます。

混ぜ棒で良く混ぜ、蓋をしっかりと締めて1週間~10日間香りをねかせてください。徐々にまろやかな香りに変化していきます。

 

※作ったフレグランスオイルは1ヶ月以内を目安に使い切ってください。香りがまろやかになってきたら、香水がわりに手首や首元などにつけてお楽しみください。

 

注意:フレグランスオイルのレシピは、通常お肌につけるエッセンシャルオイルの濃度よりも高めです。敏感肌やアレルギー体質の方は、パッチテストを行っていただくことをお勧めします。また、ローズマリーやペパーミントは、敏感肌の方は念のため使用を避けてください。