HEALING
2017.09.29 Fri

<はじめてのアロマテラピー>手軽に香りを楽しみましょう

香りある空間で癒しの時間を

 

ふとした瞬間に良い香りが漂ってきて「心地良い」「癒されるな」と感じた経験はありませんか?きっと、皆さんそのような経験があるはずです。私たちは香りを嗅いだ瞬間に、本能的に「好き」「嫌い」という感情がわいてきます。それは、香りを嗅ぐこと(嗅覚)が、あれこれ考えをめぐらせる前に私たちの感情(気持ち)にダイレクトに働きかけることができる、「原始的な感覚」だからなのです。

 

嗅覚は、脳の中にある感情・記憶・快不快などの「本能」をつかさどる部分に、直接働きかけを行います。そして「味覚・聴覚・視覚・嗅覚・触覚」の五感と呼ばれる感覚のうち、嗅覚だけがこのような働きかけができるのです。そのため、香りを嗅ぐことで気持ちをリフレッシュ・リラックスさせることは、とても効果的な方法だと言えるでしょう。

 

アロマテラピーとは何でしょう?

 

アロマテラピーで使用されるのは、エッセンシャルオイル(精油)と呼ばれる香りの液体。これは、100%植物から採れた香りの塊です。エッセンシャルオイルは、種類によって香りを抽出する部位が異なります。

 

例えば、ローズのエッセンシャルオイルは花びら、ラベンダーは葉と花、オレンジは果皮から抽出されます。また、エッセンシャルオイルは種類によって価格が異なるということも特徴のひとつ。それは、抽出方法の違いや、抽出部位により希少価値が異なるからです。果物のエッセンシャルオイルは一般的に安価で手に入りますが、その理由は、果物の香りは果皮を絞って抽出するため一度に比較的大量のオイルを抽出できるからです。

 

このような、100%植物から採れるナチュラルな香りは、私たちの気持ちを優しく包んでくれます。アロマテラピーとは、ゆっくり心と身体を休めたいと願う私たちの癒しのお手伝いをしてくれるものなのです。

 

でも、意外と知られていないのが「アロマテラピーを楽しむ方法はたくさんある」ということ。

 

例えば、お部屋で好きな香りを焚いたり、トリートメントオイルでトリートメントをしたり、ルームスプレーを作ったり・・・。アロマテラピーは生活の様々な場面で使用できる、とても身近で手軽な癒しの方法です。手軽にアロマテラピーを楽しめる方法をいくつかお伝えさせていただきますので、是非これをきっかけにアロマ生活の扉を開いてみてください。

 

アロマテラピーをはじめる前に

 

アロマテラピーを楽しく快適にはじめていただくため、まず初めに「これだけは注意していただきたい」というポイントを確認します。

 

  • 原液を直接肌につけてはいけません(肌に使用する場合は1%濃度以下をおすすめします)
  • 火気に注意。引火する可能性があります
  • 100%植物から採れているため、製造時より劣化が始まっています。使用しない時はキャップをしっかり閉めて下さい
  • 直射日光の当たらない冷暗所に保管して下さい
  • 内服、飲用は絶対にしないで下さい
  • お子様やペットの手の届かない場所に保管して下さい

 

~ それでは今からアロマテラピーライフのはじまりです ~

 

Step1 手軽に香りを楽しみましょう

 

初回は、最も手軽なアロマの楽しみ方をお伝えさせていただきます。

 

【用意するもの】

・ティッシュペーパーもしくはコットン(1枚)

・お好みのエッセンシャルオイル(3~5滴)

・皿や器

 

【楽しみ方】

ティッシュペーパーもしくはコットン1枚に、エッセンシャルオイルを3~5滴しみ込ませるだけ。コットンを小さなお皿や器などに置いて香りを楽しみます。小スペースにほんのり香りを漂わせたい時におすすめの、簡単な芳香浴の方法です。

 

①お休み前に枕元に置けば、ほんのり優しい香りが質の良い眠りを誘います。

おすすめの香り…ラベンダー、スイートオレンジ

 

②ティッシュペーパー(コットン)をエアコンの送風口に挟むと、風にのってお部屋に良い香りが漂います。この時、エッセンシャルオイルをしみ込ませた部分を内側にして、送風口に直接エッセンシャルオイルがつかないようにしてください。

おすすめの香り…ペパーミント(お部屋の空気がすっきり)、グレープフルーツ

 

※車内のエアコンにもおすすめです。ペパーミントは乗り物酔い、眠気防止に。