BEAUTY
2021.01.15 Fri

パサつく髪に!スキンケア発想の「ラ・カスタ式 二段階保湿ケア」

最近、髪にツヤがなく、パサついていませんか?ツヤがなくパサついた髪は疲れた印象を与え、見た目年齢にも影響を及ぼします。

 

そんなあなたの髪をうるおいとツヤのある髪へと導くテクニックがあれば、知りたくありませんか?

 

今回ご紹介するのは、水分と油分を上手に使う「ラ・カスタ式 二段階保湿ケア」のメソッドです。

 

乾燥が気になる冬の季節に特におすすめのテクニックで髪にツヤとうるおいを与えて、イキイキと若々しい印象づくりを目指しましょう!

 

"二段階"にこだわる理由は、スキンケア発想にあり。

 

「ラ・カスタ式 二段階保湿ケア」とは、水分と油分、それぞれの良いところを活かしたケア方法です。

 

スキンケアで例えるならば、水分=化粧水、油分=乳液やクリーム。ヘアケアも「スキンケア発想」と考えるとしっくりきませんか?

 

 

髪がダメージ受けると、こんなことが起こります

 

みなさんは髪がダメージを受けたとき、どのようなことが起きるかご存知ですか?

 

髪はダメージを受けると、髪表面を覆っているキューティクルが剥がれたり、ささくれたりしてしまいます。すると、損傷した部分から内部のタンパク質や水分が流出。その結果、パサつきや切れ毛・枝毛などのトラブルへと発展します。

 

ダメージを防ぐためにできること

 

スキンケアでは、化粧水を付けた後、補った水分の蒸発を防ぐために、乳液やクリームでフタをします。

 

これと同じことをヘアケアでも行うことが大切です。

 

髪のお化粧水である「ヘアローション」でタンパク質や水分を補給し、乳液やクリームの代わりに「洗い流さないトリートメント」でうるおいをしっかり閉じ込めます。

 

髪でも同じようにスキンケア発想で考えてあげることがしっとりヘアへの近道です。

 

ダメージの原理や対策を理解できましたか?

ここからは「ラ・カスタ式 二段階保湿ケア」の方法をお伝えします。

 

 

~ラ・カスタ式 二段階保湿ケアの方法~

STEP1:髪の化粧水「トリートメント ヘアローション」で「水分補給」

普段のお手入れで髪のパサつきや扱いづらさが改善しない時は、”髪の栄養不足”が原因かもしれません。

髪の化粧水「トリートメント ヘアローション」で、水分やタンパク質が流出しスカスカになった髪内部にうるおいを届けましょう!

 

HOW TO
お風呂上がりのタオルドライした髪にトリートメント ヘアローションを適量スプレーして、優しく揉みこみます。
(全体に馴染むように髪から10~15cm離して噴射しましょう。)

<使用アイテム>
アロマエステ トリートメント ヘアローション S[細く柔らかい髪用]
アロマエステ トリートメント ヘアローション T[普通・太く硬い髪用]

 

STEP2:髪の美容液で「油分補給」

 

キューティクルが損傷した状態は、STEP1で補ったうるおい成分が流出しやすい状態。

 

髪の美容液「アロマエステ ヘアエマルジョン」で油分を補給し、髪表面のダメージを補修・保護してキューティクルを整えましょう。

HOW TO
アロマエステ ヘアエマルジョンを適量手のひらに取り、トリートメント ヘアローションをつけた濡れた髪に塗布します。
傷みやすい髪の中間から、毛先を中心に髪全体に両手を使って揉み込むように馴染ませます。

<使用アイテム>
アロマエステ ヘアエマルジョン

 

STEP3:ドライヤーの温・冷風機能を上手に使って仕上げ

 

水分と油分を補ったら、ドライヤーで仕上げましょう。

 

 

HOW TO
乾きにくい根元から乾かします。ふんわりさせたい方は顔周りの内側に風を入れて髪を乾かします。
コンパクトに仕上げたい方は、髪をややひっぱるようにテンションをかけて乾かすとまとまりのある仕上がりに。
最後に冷風をあてて、キューティクルを引き締めたら完了です!

 

合わせて使うことにより、さらなるうるおいパワーを発揮する、水分と油分。

 

「ラ・カスタ式 二段階保湿ケア」のテクニックを実践して、乾燥に負けないしなやかな髪を手に入れましょう!