LIFE STYLE
2021.02.22 Mon

花粉を家に持ち込まない!ヘアケアでできる4つの花粉対策

 

みなさんは、髪での花粉対策を行っていますか?

花粉の粒子はこのようにトゲトゲとしており、髪にひっかかりやすく、花粉が付着しやすいと言われています。

 

 

特にダメージヘアでは、髪表面の傷んでささくれた部分に、花粉が付着しやすいようです。

 

今日は花粉を家に持ち込まないための、ヘアケアでできる4つの花粉対策をご紹介します。

 

 

①ブラッシングで花粉を落とす

 

帰宅したら速やかにヘアブラシを使って、髪に付着した花粉を落としましょう。

室内で行うと部屋中に花粉が広がる恐れがあるため、玄関に花粉用のヘアブラシを常備しておくとより安心です。

 

 

②正しいシャンプーとトリートメントで花粉を残さず洗浄

 

外出した日はその日のうちに必ず洗髪を。

 

シャンプーで予洗いをしっかり行うことで、8割の汚れが落ちるといわれているため、念入りに行いましょう。しっかり泡立てて花粉を絡め取り、すすぎは十分すぎるほど行ってください。

 

シャンプーをすすいだ後は、ヘアトリートメントでしっかりうるおい補給を行いましょう。

 

 

③洗い流さないヘアトリートメントで髪の表面にバリアを

 

花粉はトゲトゲとした形状をしています。

ダメージヘアの表面はささくれた状態のため、特に花粉がひっかかりやすいといわれています。

 

髪の表面をなめらかに整えるケアとして、お風呂上がりに「洗い流さないヘアトリートメント」でのケアをプラスしましょう。

 

髪の表面に滑らせるようにつけることで、キューティクルがなめらかに整い、花粉がつきにくいなめらかな髪へと近づきます。

 

 

④静電気を予防する

 

もともと髪には花粉が付着しやすいといわれていますが、静電気によってさらに花粉は付着しやすくなります。

 

静電気の予防には髪の水分補給に加えて、補った水分が逃げないようしっかりとコーティングすることが有効です。

 

洗い流さないヘアトリートメントをつける前に、ヘアミストやヘアウォーターを使った水分補給のケアをプラスすることをおすすめします。水分と油分を上手に使って、静電気の起こりにくい髪に整えましょう。

 


 

意外と見落としがちなヘアケアでの花粉対策。

花粉を家に持ち込まないためにも、ぜひ今回お伝えした4つの花粉対策をお試しください。