FEATURE
2020.07.01 Wed

シャンプー後の髪の正しい拭き方とは?ヘッドセラピストがコツと注意点を解説!

ラ・カスタ オフィシャル ヘッドセラピストの細川ひろ子が、髪に関するお悩みや疑問、年齢ならではのトラブルについてお答えします。

 

今回は「シャンプー後の正しい拭き方」に関する疑問です。

 

Q.シャンプー後の髪の正しい拭き方はありますか?

 

A. ドライヤーの時間を短縮するためにも、 キューティクルを傷つけないようにやさしく、しっかり水分をオフ!

 

ドライヤーの熱は髪にダメージを与える要因のひとつ。

 

髪の拭き方次第ではドライヤーで乾かす時間を短縮させることができますよ。

 

髪の正しい拭き方をマスターして、美しい髪をキープしましょう。

 

 

シャンプー後の髪の正しい拭き方

 

準備:タオルは吸水力が高い大判のものを

 

タオルドライする際に使用するタオル選びも重要です。吸水力が高い大判のものを用意しましょう。 

 

 

STEP1:ゴシゴシはNG!マッサージするようにやさしく頭全体を拭きましょう

 

お風呂場で髪を軽く絞って余分な水分を落としたら、タオルで頭全体を包み込み、指の腹を使って頭皮をマッサージするようにやさしく拭きます。

 

ゴシゴシと力を入れて拭くのは摩擦が生じて髪を傷めてしまうのでNG!水分をタオルに吸い取らせるように、指の腹を使って頭皮を揉みます。

 

 

STEP2:毛先はやさしく圧をかけながら

 

頭皮の水分が十分にオフできたら、次は毛先へ。

 

セミロングからロングの方は髪を左右どちらか片方にまとめ、タオルで包み込んで、上から手のひらでやさしく圧をかけて水分をタオルに吸収させます。

間違っても、力強く絞るような拭き方は厳禁です。

 

過剰な力がかかるとキューティクルを傷つけてしまうので、あくまでやさしく、軽く押さえながら水分を吸収させましょう。

 

濡れた状態の髪は想像以上に無防備です。

 

くれぐれもこのタイミングでブラッシングなどはしないようにしてください。

 

ドライヤーで髪を乾かす前にアロマエステ ヘアエマルジョンで保湿をしておくと、熱ダメージから保護してくれるのでおすすめですよ。

 

ドライヤーでの乾かし方のポイントは以下のコラムをチェック!

 

ヘッドセラピスト直伝!ツヤっとまとまるドライヤーテクニック

 

~ポイントのおさらい~

 

  • タオルは吸水力が高い大判のものを
  • ゴシゴシと力を入れて拭くのはNG。頭皮をマッサージするようにやさしく拭く
  • 毛先を拭くときは、水分をタオルに吸収させるようにやさしく圧をかける
  • 濡れた状態の髪にブラッシングは厳禁
  • ドライヤー前にアロマエステ ヘアエマルジョンで保湿

 

以下のコラムもおすすめです。

髪と頭皮にダメージを与えないドライヤーのかけ方とは?

 

自然乾燥は髪と頭皮にデメリットばかり!ドライヤーで乾かした方が良い理由