BEAUTY
2020.05.20 Wed

髪の毛に天使の輪を作りたい!できる条件や作り方をおさえよう

 

天使の輪といえば、うるうるツヤ髪の代名詞のようなものです。キレイに輝くサラツヤ美髪は、シャンプーのCMなどに使われていると思わずうっとり見てしまいます。そんなキレイな天使の輪は、どんな条件によってできるもので、どうやって手に入れたらいいのでしょうか。今回は、天使の輪の条件や作り方についてご紹介します。

 

 

天使の輪ってどんなもの?

 

そもそも、天使の輪とはどんなもので、どんな条件が揃えばできるのでしょうか。

 

 

天使の輪の意味や由来

 

ツヤツヤ髪にある光の輪のことを「天使の輪(天使の輪っか)」と呼んでいます。天使の輪には美しさと清潔感が感じられ、人によい印象を与えられるでしょう。宗教画で後光がさしている人のように、天使の輪には特別な印象をもたらす効果もあります。美髪=天使の輪、は世界共通の価値観とも言えるのです。

 

 

天使の輪ができる条件は?

 

天使の輪ができるための条件は、「キューティクルが整っていること」「髪の内部が健康なこと」「髪の流れが整っていること」の3つが考えられます。

 

▽キューティクルが整っている

髪の表面を覆う「キューティクル」は、髪を守ると同時にツヤを出す働きをしています。このキューティクルは、薄い細胞がうろこ状に密着しながら重なり合っているもので、キューティクルが規則正しく並んでいることが天使の輪を作るために重要です。

 

▽髪の内部が健康である

髪をつくっているメインは、コルテックスという部分で「タンパク質、脂質、水分」から成り立っています。タンパク質・脂質・水分のすべてを効率よく摂取するには、バランス良く食事を食べなくてはなりません。十分な栄養があると、髪に弾力やうるおいが生まれ、しなやかな髪を作ることにもつながります。

 

▽髪の流れが整っている

髪がうねっていると、天使の輪はできません。髪をうねらせないためには、髪の健康と同じように、髪(コルテックス)にしっかり栄養を行き届かせることが大切です。髪がまっすぐ成長できるよう、頭皮の毛穴を詰まらせないようにも気をつけましょう。

 

 

天使の輪を作るためのヘアケア5つ

 

 

以上の条件をふまえて、天使の輪を作るためのヘアケア方法を5つご紹介します。

 

 

ヘアケア1:シャンプー

 

シャンプーは夜に行い、すすぎ残しがないようしっかりすすぎましょう。温度は38℃程度のぬるま湯で、キューティクルを守るため、ゴシゴシこすらないのがポイントです。

 

【具体的な手順】

1:ブラシで髪をとかし、大きな汚れを落とす

2:お湯ですすぐ「予洗い」をしっかり行う(お湯ですすぐ→汚れの8割は落ちる)

3:シャンプーを手に出し、よく泡立てる

4:泡立てたシャンプーを髪につけ、頭皮マッサージをしながら洗う

5:すすぎ残しがないよう、1分〜3分かけてじっくり流す

6:トリートメントをつける

 

お湯ですすぐだけで、汚れの8割は落ちるとされています。そのため、予洗いをしっかり行い、シャンプーの使いすぎを防ぎましょう。また、シャンプーの後のトリートメントで髪の内部に栄養を補給します。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

シャンプーの正しい洗い方とは?基本の流れとポイントをご紹介

 

 

ヘアケア2:ドライヤー

 

お風呂から出たら、すぐにドライヤーで乾かしましょう。水分がついたままにしているとキューティクルが開きっぱなしになり、髪のパサつきやうねりの原因になってしまいます。ドライヤーの前にしっかりタオルドライをすることや、洗い流さないトリートメントをつけることも重要です。

 

タオルドライの時は、頭皮を拭くような感覚で行いましょう。ドライヤーをかけるのが苦手な人は、頭にタオルをかぶってドライヤーする方法もあります。最後は冷風を当て、キューティクルを引き締めましょう。自然乾燥は髪の毛を傷めてしまいますので、NGです。

 

 

ヘアケア3:リラックス

 

首や肩まわりが凝ると血流が悪くなり、頭皮に十分な血液が行き渡らなくなってしまいます。そこで、肩幅に足を開き、両腕を横に広げてぶらぶらと振るなどのストレッチがおすすめです。頭皮が凝ると、顔が老けて見える原因にもなってしまいますので、お風呂上がりには簡単なマッサージやストレッチを行い、こまめに凝りをほぐしておきましょう。

 

 

ヘアケア4:食生活

 

天使の輪を作るためには、髪の毛に十分な栄養が必要です。バランス良い食生活を心がけることが重要ですが、特に以下の栄養分を意識的に摂取すると良いでしょう。

 

・植物性タンパク質:大豆、ナッツ類など

・亜鉛:豚レバー、わかめなど

 

 

ヘアケア5:ブラッシング

 

天使の輪を作るためには、毎日のブラッシングも重要です。ブラッシングは頭皮に分泌された皮脂を髪全体に行き渡らせ、うるうるツヤ髪にしてくれます。シャンプー前のブラッシングとは別に、こまめにブラッシングすると良いでしょう。

 

また、ブラッシングは頭皮を刺激して血行をよくし、髪に必要な栄養分を行き渡らせる効果も期待できます。休憩時間、帰宅前など、ぜひこまめなブラッシングの習慣を作りましょう。

 

 

できた天使の輪をキープしよう

 

 

せっかく天使の輪を作れたのなら、それをキープしましょう。天使の輪をキープするには、以下の2つが重要です。

 

 

睡眠

 

睡眠後3時間の間にしっかり熟睡することで、成長ホルモンがたっぷり出ます。すると髪に十分な栄養がいきわたり、ヘアサイクルの乱れが改善される効果が期待できます。

 

 

頭皮マッサージ

 

ツヤ髪のためには、頭皮の健康がかかせません。そこで、血行を良くするマッサージを行いましょう。シャンプーのときで構いませんので、指の腹を使って頭皮をやさしくマッサージします。

 

 

まとめ

 

天使の輪がサラツヤ美髪の条件なのは世界共通です。シャンプーやストレッチ、食生活、ブラッシングなど日頃からヘアケアに気をつけ、できた天使の輪をキープするための睡眠やマッサージも忘れずに行いましょう。