BEAUTY
2020.07.15 Wed

シャンプーは2日に1回だと不潔?髪の毛は毎日洗おう!

 

私たちは基本的に毎日お風呂に入るかシャワーを浴び、毎日シャンプーで髪を洗っています。しかし、実は世界的に見ると毎日髪を洗う習慣は比較的珍しいものだそうです。有名なハリウッド女優でも3日に1回や5日に1回という人もいるとか。

 

こうした習慣はその国の気候や文化にもよりますので、一概に日本にすべて当てはめるわけにはいきませんが、本当にシャンプーは毎日しなくてはならないのでしょうか?

 

 

シャンプーは2日に1回じゃダメ?

 

一般的に、シャンプーは毎日、お風呂に入るときに一緒にするものとされていますので、毎日している人が多いでしょう。

 

 

できるだけ毎日洗うのがおすすめ

 

においの強い場所に行ったときや運動で汗をかいたときはもちろんですが、通勤の電車や買い物で訪れたショッピングセンターなど、毎日の生活の中で汗ばむこともあります。

 

頭皮のつまりを取り除いて健康な頭皮環境を育むには、毎日のシャンプーが必要だといえるでしょう。

 

 

洗いすぎは頭皮トラブルや髪トラブルの原因に!

 

反対に、髪の毛のベタベタが気になるからといって1日に2回洗う必要は基本的にありません。頭皮が乾燥すると逆に皮脂分泌が過剰になってしまい、毛穴に皮脂が詰まりやすくなることも考えられます。きちんと毎日シャンプーしているはずなのに、頭皮がべたつきやすいという場合、洗いすぎて頭皮が乾燥しているのかもしれません。

 

シャンプーをしない日を作り、そのときはブラッシングをしてお湯で洗い流す、というだけでもある程度汚れは落ちます。なかなか合うシャンプーが見つからず、頭皮や髪のトラブルがおさまらないという人は、シャンプーを使う頻度を減らすとかゆみやパサつきを軽減できるかもしれません。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

1日2回のシャンプーはやりすぎ?洗いすぎが招くトラブルと正しい方法を解説

 

 

毎日洗った方がいいのはどんなとき?

 

それでは、なぜ毎日髪の毛を洗った方が良いのでしょうか。

 

 

頭皮が汚れている

 

基本的には以下のような場合、頭皮が汚れていると考えられます。髪の毛を洗うようにしましょう。

・夏場など、汗をかきやすい季節

・スプレーやスタイリング剤を使ったとき

・運動で汗を流した後

・お酒を飲んだとき

・居酒屋などタバコの煙の多い空間にいたとき

・臭いが気になる空間に長時間いたとき

 

また、10代〜20代はまだまだ皮脂分泌が多い年代なので、毎日シャンプーをした方が良いでしょう。髪の毛は寝ている間に成長するので、このときに頭皮が汚れていたり、毛穴に皮脂が詰まっていたりすると髪の毛の成長が妨げられてしまい、キレイな髪の毛が育たなくなってしまうのです。

 

しかも、毛穴に詰まった皮脂は時間が経つと酸化して「過酸化脂質」となり、毛根にダメージを与えるほか、かゆみやニオイの原因になってしまいます。1日洗わないことでフケやかゆみが出る場合は、毎日シャンプーを行うようにしましょう。

 

 

生活習慣にも注意!

 

揚げ物など油の多い食事や睡眠不足、ストレスを抱えやすい人は、皮脂分泌が過剰になり、頭皮がべたつきやすくなります。こうした生活習慣になりやすい人も、毎日洗った方が良いでしょう。

 

 

髪の毛を毎日洗うときのポイント

 

シャンプーは洗浄力の強いものではなく、アミノ酸系などの頭皮に優しいシャンプー剤を使い、頭皮が乾燥しすぎないようケアしましょう。洗う時は指を頭皮に密着させて丁寧に洗い、とくに皮脂分泌の多い真ん中のラインを意識して洗うのがポイントです。

 

頭頂部が意外と洗えていないことが多いので、きちんと洗うようにしましょう。また、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しも毛穴を詰まらせてしまうので、すすぎもしっかり行います。

 

 

毎日しない方が良いときもあるの?

 

 

反対に、毎日シャンプーしない方がいいのはどんなときなのでしょうか。

 

 

乾燥肌の人

 

頭皮が乾燥している人は、皮脂分泌も少ないです。その状態でシャンプーをしすぎると、皮脂を過剰に取りすぎてしまい、頭皮の乾燥が進んでかゆみやフケの原因になるほか、髪のパサつきにもつながりかねません。

 

年齢とともに、皮脂分泌量も低下してきます。とくに、30代を過ぎると低下が目立ち、乾燥しやすくなるので、洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると頭皮に余計な負担がかかり、乾燥してかゆみや髪のパサつきの原因につながってしまう可能性があります。

 

乾燥しやすく、髪がパサつきやすいという人は、実は乾燥肌なのかもしれません。2日に1回のシャンプーを試してみても良いでしょう。

 

 

頭皮が汚れにくいとき

 

休日に1日家から出なかったときも頭皮や髪が汚れにくいですから、その日の夜はシャンプーを飛ばしても良いでしょう。

 

 

シャンプー本来の意味は頭皮の健康

 

 

そもそもシャンプーとは、基本的に髪を洗うためのものではなく、頭皮を洗うためのものです。シャンプー前にブラッシングをし、お湯でしっかり洗い流すだけで、髪についた汚れの大半は落ちています。

 

その後にするシャンプーは、頭皮に溜まった老廃物や皮脂汚れを落とすのが目的だということを意識しましょう。普段動かさない頭部の筋肉をシャンプーで動かし、血行を良くするのも目的の1つです。

 

頭皮のケアについて、詳しくはこちらの記事をご確認ください

<今からでも遅くない!>50代のための今日からできる3つの頭皮ケア

 

 

まとめ

 

シャンプーは、基本的に毎日行うようにしましょう。頭皮の乾燥が気になる場合は、アミノ酸系シャンプーなどの頭皮に優しいものがおすすめです。頭皮の汚れをすっきり取り除いて、健康な頭皮環境を育んでいきましょう。